ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

feof

ファイルの終端 (EOF) のテスト

構文

status = feof(fileID)

説明

status = feof(fileID) は、直前の操作によって指定されたファイルにファイルの終端指定子が設定されている場合、1 を返します。それ以外の場合は、feof0 を返します。fileID は、関数 fopen で取得できる整数のファイル識別子です。

空のファイルを開いても、ファイルの終端指示子は設定されません。読み取り操作、および関数 fseek と関数 frewind は、ファイル位置指定子を移動します。

MATLAB® ベンチマーク データのある bench.dat を次のように 1 文字ずつ読み込みます。

fid = fopen('bench.dat');

k = 0;
while ~feof(fid)
    curr = fscanf(fid,'%c',1);
    if ~isempty(curr)
       k = k+1;
       benchstr(k) = curr;
    end
end
    
fclose(fid);
この情報は役に立ちましたか?