ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

expint

指数積分

構文

Y = expint(X)

定義

指数積分は、以下のように定義されます。

E1(x)=xet/t dt

指数積分関数のもう 1 つの一般的な定義は、Cauchy の主値積分です。

Ei(x)=xet/t dt

正の実数値 x に対して、これは、関数 expint と以下のような関連があります。

E1(x)=Ei(x)iπ

説明

Y = expint(X) は、X の要素ごとに指数積分を計算します。

参照

[1] Abramowitz, M. and I. A. Stegun. Handbook of Mathematical Functions. Chapter 5, New York: Dover Publications, 1965.

この情報は役に立ちましたか?