ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eval

テキスト文字列で MATLAB 式を実行

構文

eval(expression)
[output1,...,outputN] = eval(expression)

説明

eval(expression) は 文字列 expression 内の MATLAB® コードを評価します。無名関数、入れ子関数、または入れ子関数を含む関数内で eval を使用した場合、評価された expression は変数を作成できません。

[output1,...,outputN] = eval(expression) は、expression からの出力を指定された変数に保存します。

入力引数

expression

有効な MATLAB 式を含む文字列。

式に数値を含めるには、それを int2strnum2str または sprintf で文字列に変換します。

出力引数

output1,...,outputN

評価された expression からの出力。

すべて展開する

変数名評価

実行時にプロットする行列を選択します。

この例では、現在のワークスペース内に行列がある必要があります。以下に例を示します。

aMatrix = magic(5);

対話操作により、プロットする行列の名前を指定するよう要求し、eval を呼び出してその値を使用します。

expression = input('Enter the name of a matrix: ','s');
if (exist(expression,'var'))
    mesh(eval(expression))
end

入力プロンプトで aMatrix を入力した場合、このコードは magic(5) のメッシュ プロットを作成します。

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 関数 eval の一般的な使用は効率的でなく、他の MATLAB 関数や言語構造よりも判読したりデバッグしたりすることが容易ではありません。詳細は、「関数 eval の代替方法」を参照してください。

  • 関数 eval への入力にはできるかぎり、eval(['output = ',expression]) などの出力引数は含めないでください。次のような望ましい構文

      output = eval(expression)

    を使用すると、MATLAB パーサーはコードに対して厳しいチェックを行うので、エラーが把握できなかったりその他の予期せぬ動作が起きることを防ぐことができます。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?