ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Errorbar Series のプロパティ

errorbar series の外観と動作の制御

errorbar series プロパティは errorbar series オブジェクトの外観と動作を制御します。プロパティ値を変更することによって、errorbar series の特定の外観を変更できます。ドット表記を使用して、特定のオブジェクトとプロパティを参照します。

h = errorbar(...);
s = h.LineStyle;
h.LineStyle = ':';

ラインの外観

すべて折りたたむ

LineStyleライン スタイル'-' (既定値) | '--' | ':' | '-.' | 'none'

ライン スタイル。次の表のライン スタイル文字列の 1 つとして指定します。

文字列ライン スタイル結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

LineWidthライン幅0.5 (既定値) | 正の値

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

例: 0.75

Colorラインの色[0 0 0] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

ラインの色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。既定の RGB の 3 要素の値 [0 0 0] は、黒に相当します。Color'none' に指定した場合、ラインは非表示になります。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

AlignVertexCenters垂直および水平のラインのシャープ化'off' (既定値) | 'on'

垂直および水平のラインのシャープ化。'off' または 'on' で指定します。

関連付けられている Figure の GraphicsSmoothing プロパティが 'on' に設定されていて Renderer プロパティが 'opengl' に設定されている場合、Figure のプロットには平滑化技法が適用されます。場合によってはこの平滑化技法が原因で、垂直および水平のラインが均一でない太さや色で表示されることがあります。この不均一な外観を取り除くために AlignVertexCenters プロパティを使用します。

  • 'off' — 垂直または水平のラインをシャープ化しません。均一でない太さや色でラインが表示される場合があります。

  • 'on' — 垂直および水平のラインをシャープ化して不均一な外観を取り除きます。

    メモ:   この機能をサポートするグラフィックス カードがなければなりません。この機能がサポートされているかどうかを確認するには、「opengl info」と入力します。サポートされている場合は、返されたフィールドに SupportsAlignVertexCenters: 1 の行が含まれています。

マーカーの外観

すべて折りたたむ

Markerマーカー記号'none' (既定値) | マーカー文字列

マーカー記号。次の表のマーカー文字列の 1 つとして指定します。既定では errorbar series オブジェクトはマーカーを表示しません。マーカー記号を指定すると、各データ ポイントまたは頂点にマーカーが追加されます。

文字列マーカー記号
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

例: '+'

例: 'diamond'

MarkerSizeマーカー サイズ6 (既定値) | 正の値

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 10

MarkerEdgeColorマーカーの輪郭の色'auto' (既定値) | 'none' | RGB の 3 要素 | 色文字列

マーカーの輪郭の色。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'auto'Color プロパティと同じ色を使用します。

  • 'none' — 色を使いません。塗りつぶされていないマーカーは透明になります。

  • RGB の 3 要素または色文字列 — 指定した色を使用します。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

MarkerFaceColorマーカーの塗りつぶし色'none' (既定値) | 'auto' | RGB の 3 要素 | 色文字列

マーカーの塗りつぶし色。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'none' — 色を使いません。内部は透明になります。

  • 'auto' — 座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。

  • RGB の 3 要素または色文字列 — 指定した色を使用します。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

プロット データ

すべて折りたたむ

XDatax 値[] (既定値) | ベクトル

x 値。ベクトルとして指定します。関数 errorbar への入力引数 Xx 値を設定します。X を指定しない場合、errorbarYData のインデックスを x 値として使用します。XDataYData は同じ長さでなければなりません。

例: 1:10

YDatay 値[] (既定値) | ベクトル

y 値。ベクトルとして指定します。関数 errorbar への入力引数 Yy 値を設定します。XDataYData は同じ長さでなければなりません。

LDataデータ点より下の誤差範囲の長さ[] (既定値) | ベクトル

データ点より下の誤差範囲の長さ。長さが XData および YData と等しいベクトルとして指定します。値はデータ単位で指定します。

例: 1:10

UDataデータ点より上の誤差範囲の長さ[] (既定値) | ベクトル

データ点より上の誤差範囲の長さ。長さが XData および YData と等しいベクトルとして指定します。値はデータ単位で指定します。

例: 1:10

XDataSourceXData にリンクされている変数'' (既定値) | MATLAB® ワークスペースの変数名を含む文字列

XData にリンクされている変数。MATLAB ワークスペースの変数名を含む文字列として指定します。MATLAB はベース ワークスペース内の変数を評価して XData を生成します。

既定ではリンクされている変数はないため、この値は空文字列 '' です。変数をリンクしても MATLAB は XData の値をすぐに更新しません。データ値の更新を強制するには、関数 refreshdata を使用します。

    メモ:   1 つのデータ ソース プロパティを異なる次元のデータを含む変数に変更すると、すべてのデータ ソース プロパティを適切な値に変更するまでは、関数が警告を生成し、グラフが描画されない可能性があります。

例: 'x'

YDataSourceYData にリンクされている変数'' (既定値) | MATLAB ワークスペースの変数名を含む文字列

YData にリンクされている変数。MATLAB ワークスペースの変数名を含む文字列として指定します。MATLAB はベース ワークスペース内の変数を評価して YData を生成します。

既定ではリンクされている変数はないため、この値は空文字列 '' です。変数をリンクしても MATLAB は YData の値をすぐに更新しません。データ値の更新を強制するには、関数 refreshdata を使用します。

    メモ:   1 つのデータ ソース プロパティを異なる次元のデータを含む変数に変更すると、すべてのデータ ソース プロパティを適切な値に変更するまでは、関数が警告を生成し、グラフが描画されない可能性があります。

例: 'y'

LDataSourceLData にリンクされている変数'' (既定値) | MATLAB ワークスペースの変数を含む文字列

LData にリンクされている変数。MATLAB ワークスペースの変数を含む文字列として指定します。MATLAB は変数を評価して LData を生成します。

既定ではリンクされている変数はないため、この値は空文字列 '' です。このプロパティの変数を変更しても MATLAB は LData の値を更新しません。データ値の更新を強制するには、関数 refreshdata を使用します。

    メモ:   1 つのデータ ソース プロパティを異なる次元のデータを含む変数に変更すると、すべてのデータ ソース プロパティを適切な値に変更するまでは、関数が警告を生成し、グラフが描画されない可能性があります。

UDataSourceUData にリンクされている変数'' (既定値) | MATLAB ワークスペースの変数を含む文字列

UData にリンクされている変数。MATLAB ワークスペースの変数を含む文字列として指定します。MATLAB は変数を評価して UData を生成します。

既定ではリンクされている変数はないため、この値は空文字列 '' です。このプロパティの変数を変更しても MATLAB は UData の値を更新しません。データ値の更新を強制するには、関数 refreshdata を使用します。

    メモ:   1 つのデータ ソース プロパティを異なる次元のデータを含む変数に変更すると、すべてのデータ ソース プロパティを適切な値に変更するまでは、関数が警告を生成し、グラフが描画されない可能性があります。

XDataModeXData の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

XData の選択モード。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'auto'YData の値のインデックスを使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、XData プロパティを設定するか、プロット関数の入力引数 X を指定します。

可視性

すべて折りたたむ

Visibleerrorbar series の可視性'on' (既定値) | 'off'

errorbar series の可視性。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — errorbar series を表示します。

  • 'off' — errorbar series を削除せずに非表示にします。非表示の errorbar series オブジェクトのプロパティに引き続きアクセスできます。

Clipping座標軸の範囲への errorbar series のクリッピング'on' (既定値) | 'off'

座標軸の範囲への errorbar series のクリッピング。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — errorbar series の座標軸の範囲の外側部分を表示しません。

  • 'off' — errorbar series の一部が座標軸の範囲の外側に表示される場合でもすべて表示します。プロットの作成、hold on の設定、座標軸のスケーリングの固定、そして元のプロットよりも大きな errorbar series の作成を行った場合、errorbar series の一部が座標軸の範囲の外側に表示されることがあります。

EraseMode(削除済み) オブジェクトの描画と消去の手法'normal' (既定値) | 'none' | 'xor' | 'background'

    メモ:   EraseMode は削除されました。EraseMode プロパティにアクセスするコードを削除しても最小限の影響しかありません。EraseMode を使用してライン アニメーションを作成していた場合は、代わりに関数 animatedline を使用してください。

オブジェクトの描画と消去の手法。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'normal' — すべてのオブジェクトを正しく描画するために必要な 3 次元解析を実行して、問題のある表示領域を再描画します。このモードは、最も正確な Figure を表示することができますが、非常に時間がかかります。他のモードは、かなり時間の短縮にはなりますが、完全な Figure を再描画することはできず、精度は低下します。

  • 'none' — オブジェクトは移動したり、削除されても消去されません。EraseMode,'none' であるオブジェクトを消去した後でも、そのオブジェクトは画面に表示されたままです。ただし、MATLAB はオブジェクトの以前の位置の情報を保存しないため、そのオブジェクトは印刷できません。

  • 'xor' — オブジェクトは、その下の画面の各ピクセルのインデックスとの排他的論理和 (XOR) により、表示と消去が行われます。このモードでは、その下のオブジェクトの色に影響を与えません。しかし、オブジェクトの色はその下の表示の色に依存します。

  • 'background' — 座標軸の背景色 (または座標軸の Color プロパティが 'none' の場合は Figure の背景色) で再描画することによってオブジェクトを消去します。これは、消去したオブジェクトに隠れていたオブジェクトに影響を与えますが、消去されたオブジェクトは適切に色付けされます。

MATLAB は、常にすべてのオブジェクトの EraseMode プロパティが 'normal' に設定されているかのように Figure を印刷します。これは、EraseMode'none''xor''background' のいずれかを設定して作成されたグラフィックス オブジェクトは、画面での表示と印刷用紙での表示が異なって見えることを意味しています。画面上では、MATLAB は色のレイヤーを数学的に結合したり 3 次元の並べ替えを無視したりすることで速いレンダリング速度を実現しています。しかし、MATLAB はこれらの手法を印刷出力には適用しません。ノーマル モード以外のオブジェクトを含んでいる Figure のイメージを作成するには、getframe コマンドまたは他のスクリーン キャプチャ アプリケーションを使用します。

識別子

すべて折りたたむ

Typeグラフィックス オブジェクトのタイプ'errorbar'

このプロパティは読み取り専用です。

'errorbar' として返されるグラフィックス オブジェクトのタイプです。プロット階層内にある特定のタイプのすべてのオブジェクトを検出するためにこのプロパティを使用します。たとえば findobj を使用してタイプを検索します。

Tagerrorbar series に関連付けるタグ'' (既定値) | 文字列

errorbar series に関連付けるタグ。文字列として指定します。タグはグラフィックス オブジェクトを識別する手段を提供します。プロット階層内にある特定のタグをもつすべてのオブジェクトを検出するためにこのプロパティを使用できます。たとえば findobj を使用してタグを検索します。

例: 'January Data'

データ型: char

UserDataerrorbar series に関連付けるデータ[] (既定値) | スカラー、ベクトルまたは行列 | セル配列 | 文字配列 | テーブル | 構造体

errorbar series オブジェクトに関連付けるデータ。スカラー、ベクトル、行列、セル配列、文字配列、テーブルまたは構造体として指定します。MATLAB はこのデータを使用しません。

複数のデータセットを関連付ける場合またはデータにフィールド名を付加する場合は、関数 getappdata および setappdata を使用します。

例: 1:100

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct | table | cell

DisplayName凡例によって使用されるテキスト'' (既定値) | 文字列

凡例によって使用されるテキスト。文字列として指定します。このテキストは errorbar series のアイコンの隣に表示されます。

  • errorbar series オブジェクトのテキストを関数 legend への入力引数として指定した場合、凡例では指定されたテキストが使用され、DisplayName は更新されます。

  • errorbar series オブジェクトのテキストを関数 legend への入力引数として指定しない場合、凡例では DisplayName プロパティのテキストが使用されます。DisplayName プロパティにテキストが含まれていない場合は、凡例で文字列が生成されます。この文字列は 'dataN' の形式になります。ここで、N は、凡例エントリのリスト内の位置に従って errorbar series オブジェクトに割り当てられる数字です。

既存の凡例の中でこの文字列を対話的に編集した場合、MATLAB は編集された文字列に DisplayName を更新します。

例: 'Text Description'

Annotation凡例アイコンの表示スタイルAnnotation オブジェクト

このプロパティは読み取り専用です。

凡例アイコンの表示スタイル。Annotation オブジェクトとして返されます。このオブジェクトを使用して凡例に errorbar series を含めたり除外したりします。

  1. Annotation プロパティをクエリして Annotation オブジェクトを取得します。

  2. Annotation オブジェクトの LegendInformation プロパティをクエリして LegendEntry オブジェクトを取得します。

  3. LegendEntry オブジェクトの IconDisplayStyle プロパティを次のいずれかの値に指定します。

    • 'on' — 凡例内に 1 つのエントリとして errorbar series オブジェクトを含めます (既定値)。

    • 'off' — 凡例内に errorbar series オブジェクトを含めません。

    • 'children' — errorbar series オブジェクトの子のみを個別のエントリとして凡例に含めます。

凡例が既に存在するときに IconDisplayStyle 設定を変更した場合、表示を更新するためには legend を呼び出さなければなりません。

親/子

すべて折りたたむ

Parenterrorbar series の親axes オブジェクト | グループ オブジェクト | 変換オブジェクト

errorbar series の親。axes オブジェクト、グループ オブジェクトまたは変換オブジェクトとして指定します。

Childrenerrorbar series の子空の GraphicsPlaceholder 配列

errorbar series には子はありません。このプロパティは設定できません。

HandleVisibilityオブジェクト ハンドルの可視性'on' (既定値) | 'off' | 'callback'

親の Children プロパティ内でのオブジェクト ハンドルの可視性。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — errorbar series オブジェクトをリストします。

  • 'off' — errorbar series オブジェクトをリストしません。このオプションは、GUI に影響を与える可能性がある (ユーザーの入力した文字列を評価するような) 関数をコールバックが実行する際にオブジェクト ハンドルを隠すために使用します。

  • 'callback' — コールバックまたはコールバックによって呼び出される関数に関して、親の Children プロパティ内に errorbar series オブジェクトをリストしますが、コマンド ラインから呼び出される関数内ではリストしません。このオプションは、コマンド ライン ユーザーから GUI を保護する一方で、コールバックがオブジェクトにアクセスできるようにするために使用します。

errorbar series オブジェクトが親の Children プロパティ内にリストされない場合、オブジェクト階層の検索またはハンドル プロパティのクエリによってオブジェクト ハンドルを取得する関数は、そのオブジェクト ハンドルを返しません。このような関数には、getfindobjgcagcfgconewplotclaclfclose があります。

非表示のオブジェクト ハンドルは有効なままです。ルートの ShowHiddenHandles プロパティを 'on' に設定すると、HandleVisibility プロパティの設定にかかわらず、すべてのオブジェクト ハンドルがリストされます。

対話制御

すべて折りたたむ

ButtonDownFcnマウスクリック コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

マウスクリック コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

errorbar series をクリックしたときにコードを実行するためにこのプロパティを使用します。関数ハンドルを使用してこのプロパティを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • errorbar series オブジェクト — コールバック関数内で errorbar series オブジェクトのプロパティにアクセスできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

    メモ:   PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコールバックは実行されません。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

UIContextMenuコンテキスト メニューuicontextmenu オブジェクト

uicontextmenu オブジェクトとして指定されるコンテキスト メニュー。errorbar series を右クリックしたときにコンテキスト メニューを表示するためにこのプロパティを使用します。関数 uicontextmenu を使用して、コンテキスト メニューを作成します。

    メモ:   PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコンテキスト メニューは表示されません。

Selected選択状態'off' (既定値) | 'on'

選択状態。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — 選択されています。プロット編集モードで errorbar series をクリックした場合、MATLAB は Selected プロパティを 'on' に設定します。SelectionHighlight プロパティも 'on' に設定されている場合、MATLAB は errorbar series の周囲の選択ハンドルを表示します。

  • 'off' — 選択されていません。

SelectionHighlight選択時に選択ハンドルを表示'on' (既定値) | 'off'

選択時に選択ハンドルを表示。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on'Selected プロパティが 'on' に設定されているときに選択ハンドルを表示します。

  • 'off'Selected プロパティが 'on' に設定されている場合でも選択ハンドルを表示しません。

コールバック実行制御

すべて折りたたむ

PickablePartsマウス クリック キャプチャ機能'visible' (既定値) | 'none'

マウス クリック キャプチャ機能。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'visible' — 表示されている場合にマウス クリックをキャプチャできます。Visible プロパティが 'on' に設定されていなければならず、errorbar series の色が定義されている部分をクリックしなければなりません。関連付けられている色のプロパティが 'none' に設定されている部分をクリックすることはできません。プロットにマーカーが含まれている場合は、エッジまたは塗りつぶしのいずれかに色が定義されている場合にマーカー全体がクリック可能になります。errorbar series や先祖がクリックに応答するかどうかについては、HitTest プロパティが決定します。

  • 'none' — マウス クリックをキャプチャしません。errorbar series をクリックすると、Figure ウィンドウの現在のビュー内でその下にあるオブジェクトにクリックが渡されます。errorbar series の HitTest プロパティは無効です。

HitTestキャプチャしたマウス クリックへの応答'on' (既定値) | 'off'

キャプチャしたマウス クリックへの応答。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — errorbar series の ButtonDownFcn コールバックをトリガーします。UIContextMenu プロパティが定義されている場合は、コンテキスト メニューを呼び出します。

  • 'off''on' に設定された HitTest プロパティおよび先祖のマウス クリックをキャプチャできる PickableParts プロパティ値をもつ、最も近い errorbar series の先祖のコールバックをトリガーします。

    メモ:   PickableParts プロパティは errorbar series オブジェクトがマウス クリックをキャプチャ可能かどうかを決定します。キャプチャできない場合、HitTest プロパティは無効です。

HitTestArea(削除済み) errorbar series のクリック可能領域の範囲'off' (既定値) | 'on'

    メモ:   HitTestArea は削除されました。代わりに PickableParts を使用してください。

errorbar series のクリック可能領域の範囲。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'off' — errorbar series プロットをクリックして選択します。これは既定値です。

  • 'on' — errorbar series プロットの範囲内の任意の場所をクリックして選択します。つまり、errorbar series プロットを囲む四角形の内側のすべての場所がクリック可能です。

例: 'off'

Interruptibleコールバックの割り込み'on' (既定値) | 'off'

コールバックの割り込み。'on' または 'off' として指定します。Interruptible プロパティは実行中のコールバックが割り込み可能かどうかを決定します。

    メモ:   次の 2 つのコールバックの状態について考慮する必要があります。

    • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

    • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

    MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込み可能かどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

errorbar series の ButtonDownFcn コールバックが実行中のコールバックである場合、Interruptible プロパティは別のコールバックが割り込むことができるかどうかを決定します。

  • 'on' — 割り込み可能です。drawnowfiguregetframewaitforpause コマンドなどの、MATLAB が次にキューを処理するポイントで割り込みが発生します。

    • 実行中のコールバックにこれらいずれかのコマンドが含まれている場合、MATLAB はその場所でコールバックの実行を停止し、割り込みコールバックを実行します。割り込みコールバックが完了したときに MATLAB は実行中だったコールバックの実行を再開します。詳細は、「コールバック実行の中断」を参照してください。

    • 実行中のコールバックにこれらのコマンドが含まれていない場合、MATLAB はそのコールバックの実行を中断せずに終了させます。

  • 'off' — 割り込みできません。MATLAB は割り込みさせずに実行中のコールバックを終了させます。

BusyActionコールバック キューイング'queue' (既定値) | 'cancel'

コールバック キューイング。'queue' または 'cancel' として指定します。BusyAction プロパティは MATLAB による割り込みコールバックの実行の処理方法を決定します。

    メモ:   次の 2 つのコールバックの状態について考慮する必要があります。

    • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

    • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

    MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込み可能かどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

errorbar series の ButtonDownFcn コールバックが割り込み不能な実行中のコールバックに割り込もうとしている場合、BusyAction プロパティはそのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。BusyAction プロパティは次の値の 1 つとして指定します。

  • 'queue' — 割り込みコールバックをキューに入れ、実行中のコールバックが終了した後に処理されるようにします。これは既定の動作です。

  • 'cancel' — 割り込みコールバックを破棄します。

作成と削除の制御

すべて折りたたむ

CreateFcn作成コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

作成コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

errorbar series の作成時にコードを実行するためにこのプロパティを使用します。既存の errorbar series に CreateFcn プロパティを設定しても効果はありません。このプロパティの既定値を定義するか、errorbar series の作成中に Name,Value ペアを使用してこのプロパティを定義しなければなりません。MATLAB は errorbar series を作成し、そのプロパティをすべて設定した後でコールバックを実行します。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • errorbar series オブジェクト — コールバック関数内で errorbar series オブジェクトのプロパティにアクセスできます。ルートの CallbackObject プロパティを介して errorbar series オブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

DeleteFcn削除コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

削除コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

errorbar series の削除時にコードを実行するためにこのプロパティを使用します。MATLAB は errorbar series を破棄する前にコールバックを実行するため、コールバックはそのプロパティ値にアクセスできます。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • errorbar series オブジェクト — コールバック関数内で errorbar series オブジェクトのプロパティにアクセスできます。ルートの CallbackObject プロパティを介して errorbar series オブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

BeingDeletederrorbar series の削除状態'off' (既定値) | 'on'

このプロパティは読み取り専用です。

errorbar series の削除状態。'on' または 'off' として返されます。MATLAB は errorbar series の削除関数が実行を開始したときに BeingDeleted プロパティを 'on' に設定します (DeleteFcn プロパティを参照してください)。errorbar series が存在しなくなるまで BeingDeleted プロパティは 'on' に設定されたままです。

クエリや変更の前に errorbar series が削除されようとしていないか確認するために BeingDeleted プロパティの値をチェックします。

この情報は役に立ちましたか?