ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

enumeration

クラスの列挙型メンバーと名前を表示します。

構文

enumeration ClassName
enumeration(obj)
m = enumeration(ClassName)
m = enumeration(obj)
[m,s] = enumeration(ClassName)
[m,s] = enumeration(obj)

説明

enumeration ClassName は、ClassName という名前の MATLAB® クラスの列挙型メンバーの名前を表示します。

enumeration(obj) は、obj のクラスの列挙型メンバーの名前を表示します。

m = enumeration(ClassName) は、オブジェクトの列ベクトル m に格納されているクラスの列挙型メンバーを返します。

m = enumeration(obj) は、オブジェクトの列ベクトル m に格納されているオブジェクト obj のクラスの列挙型メンバーを返します。

[m,s] = enumeration(ClassName) は、文字列 s のセル配列に格納されている列挙型メンバーの名前を返します。s の中の名前は、要素単位で m の中の列挙型メンバーに対応します。

[m,s] = enumeration(obj) は、オブジェクトの列ベクトル m に格納されているオブジェクト obj のクラスの列挙型メンバーを返します。

入力引数

ClassName

単一引用符で囲まれた列挙型クラスの名前。

obj

列挙型クラスのインスタンス。

出力引数

m

列挙型メンバーの列ベクトル。

s

列挙名を含んでいる文字列のセル配列。

すべての例で、次の列挙型クラスを使用します。

classdef Boolean < logical
   enumeration
      No  (0)
      Yes (1)
      Off (0)
      On  (1)
   end
end

Boolean クラスの列挙型メンバーの名前を表示します。

enumeration Boolean
Enumerations for class Boolean:

    No
    Yes

Boolean クラスの列挙型メンバーをオブジェクトの列ベクトルで取得します。

members = enumeration('Boolean')
members = 

    No 
    Yes

使用可能なすべての列挙型メンバーとその名前を取得します。

[members, names] = enumeration('Boolean')
members = 

    No 
    Yes
    No 
    Yes


names = 

    'No'
    'Yes'
    'Off'
    'On'

関連する例

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 組み込みクラスから導出される列挙型クラスは、与えられた列挙型メンバーに対して複数の名前を指定できます。

  • 出力引数のない関数 enumeration を呼び出すと、MATLAB は列挙型メンバー (クラス定義で指定されている) ごとに最初の名前のみを表示します。使用可能なすべての列挙型メンバーとその名前を表示するには、2 つの出力引数 (たとえば、[m, s] = enumeration(obj);) を使用します。

参考

この情報は役に立ちましたか?