ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

echo

関数の実行中にステートメントを表示

構文

echo on
echo off
echo
echo fcnname on
echo fcnname off
echo fcnname
echo on all
echo off all

説明

echo コマンドは、実行中に関数内のステートメントの表示 (または エコー) を制御します。通常、関数ファイル内のステートメントは、実行中に画面上に表示されません。コマンドをエコー状態にすると、実行時にコマンドを表示できるので、デバッグやデモに有効です。

echo コマンドの機能は、スクリプト ファイルと関数ファイルで若干異なります。スクリプト ファイルでは、関数 echo の使い方は簡単です。エコー状態は onoff に切り替えられ、使用される任意のスクリプトに影響を与えます。

echo on はすべてのスクリプト ファイル内のコマンドをエコーします。

echo off はすべてのスクリプト ファイル内のコマンドをエコーしません。

echo はエコー状態を切り替えます。

関数ファイルでは、関数 echo の使い方は少し複雑になります。関数 echo が特定の関数ファイル内でオン状態のとき、ファイルはコンパイルされずに解釈されます。各入力行は、実行中に表示されます。これにより、実行が効率的ではなくなるので、関数 echo はデバッグのみに使用してください

echo fcnname on は指定の関数ファイルをエコーします。

echo fcnname off は指定の関数ファイルをエコーしません。

echo fcnname は指定の関数ファイルをエコーしません。

echo on all はすべての関数ファイルをエコーします。

echo off all はすべての関数ファイルをエコーしません。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 紛らわしい構文を避けるため、on または off は関数名として使用しないでください。

参考

この情報は役に立ちましたか?