ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

drawnow

Figure ウィンドウの更新と保留中のコールバックの実行

構文

drawnow
drawnow expose
drawnow update

説明

drawnow はすべてのグラフィックス オブジェクトと UI オブジェクトを更新し、システム キューをフラッシュすることで保留中のすべてのコールバックを実行します。アニメーション ループ内で drawnow を使用して、関数の実行中に Figure を更新します。

drawnow expose はすべてのグラフィックス オブジェクトと UI オブジェクトを更新しますが、システム キューをフラッシュしません。このオプションは次のシステム キューのフラッシュまでコールバックを延期します。

drawnow update はグラフィックス レンダラーがフリーの場合に限りすべてのグラフィックス オブジェクトと UI オブジェクトを更新します。その他の場合には更新は破棄されます。このオプションは次のシステム キューのフラッシュまでコールバックを延期します。

システム キューがフラッシュされるその他の操作

システム キューがフラッシュされるその他の操作があります。

  • MATLAB® プロンプトに戻ったとき

  • 次の関数のいずれかを実行したとき

    • figure

    • getframe

    • input

    • pause

    • keyboard

  • ユーザー入力を待機する waitforbuttonpresswaitforginput などの関数を実行したとき

  • 上記の関数のいずれかを実行させるコード。たとえば ax が axes オブジェクトであるとします。axes(ax) の呼び出しによって、その親 Figure は現在の Figure になり、すべての Figure の前面に表示されます。これは、drawnow コマンドを実行するのと同じことです。

各ループの反復の後に更新を表示

ループの各反復の後に drawnow を使用して更新を表示します。

t = 0:pi/100:2*pi;
y = exp(sin(t));
h = plot(t,y,'YDataSource','y');
for k = 1:0.01:10
   y = exp(sin(t.*k));
   refreshdata(h,'caller')
   drawnow
end

関連する例

この情報は役に立ちましたか?