ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pointLocation

クラス: DelaunayTri

(削除予定) 指定した位置を含むシンプレックス

    メモ:    pointLocation(DelaunayTri) は将来のリリースで削除されます。代わりに pointLocation(delaunayTriangulation) を使用してください。

    DelaunayTri は将来のリリースで削除されます。代わりに delaunayTriangulation を使用してください。

構文

SI = pointLocation(DT,QX)
SI = pointLocation(DT,QX,QY)
SI = pointLocation(DT,QX,QY,QZ)
[SI, BC] = pointLocation(DT,...)

説明

SI = pointLocation(DT,QX) は、QX のクエリ点の位置ごとに囲まれているシンプレックス (三角形/四面体) のインデックス SI を返します。点 QX(k,:) に対して囲まれているシンプレックスは、SI(k) です。pointLocation は、凸包の外部のすべての点に対しては NaN を返します。

SI = pointLocation(DT,QX,QY)SI = pointLocation(DT,QX,QY,QZ) は、2 次元と 3 次元で機能する場合、クエリ点の位置を別の列ベクトルの形式で指定することができます。

[SI, BC] = pointLocation(DT,...) は、重心座標 BC を返します。

入力引数

DTDelaunay の三角形分割。
QX行列サイズは mptsndim です。ここで、mpts はクエリ点数です。

出力引数

SIクエリ点ごとに対して囲まれているシンプレックスのインデックスを含む、長さが mpts の列ベクトルです。ここで、mpts は収集点数です。
BCBCmptsndim 列の行列です。各行 BC(i,:) は、囲まれているシンプレックス SI(i) に対する QX(i,:) の重心座標を表します。

例 1

2 次元の Delaunay 三角形分割を作成します。

X = rand(10,2);
dt = DelaunayTri(X);

指定されたクエリ点を含む三角形を検出します。

qrypts = [0.25 0.25; 0.5 0.5];
triids = pointLocation(dt, qrypts)

例 2

3 次元の Delaunay 三角形分割を作成します。

x = rand(10,1); 
y = rand(10,1); 
z = rand(10,1);
dt = DelaunayTri(x,y,z);

指定されたクエリ点を含む三角形を検出し、重心座標を評価します。

qrypts = [0.25 0.25 0.25; 0.5 0.5 0.5];
[tetids, bcs] = pointLocation(dt, qrypts)
この情報は役に立ちましたか?