ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ddeget

遅れを含む微分方程式 options 構造体からプロパティを抽出

構文

val = ddeget(options,'name')
val = ddeget(options,'name',default)

説明

val = ddeget(options,'name') は、指定した名前のプロパティ値を options 構造体から抽出します。プロパティ値が、options で指定されていない場合、空行列を返します。プロパティを固有に識別する頭文字を入力するだけで十分です。プロパティ名の大文字と小文字の区別はありません。[] は有効な options 引数です。

val = ddeget(options,'name',default) は、指定した名前のプロパティを上記のように抽出しますが、このプロパティが options で指定されていない場合には、val = default を返します。たとえば、

val = ddeget(opts,'RelTol',1e-4);

これは、RelTolopts で指定されていない場合、val = 1e-4 を返します。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?