ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbstep

現在のブレークポイントから 1 行以上を実行

構文

dbstep
dbstep nlines
dbstep in
dbstep out

説明

この関数により、現在のブレークポイントから実行を続けることで、MATLAB® コード ファイルをデバッグできます。ブレークポイントにおいて、関数 dbstep は、一度に 1 行あるいは、nlines で指定される行数だけ、現在のファイルの実行を進めます。

dbstep 自身では、現在のファイルの次に実行可能な行を実行します。dbstep は、現在の行が呼び出す関数内の任意のブレークポイント設定を飛び越して、現在の行を進めます。

dbstep nlines は、指定された行数の実行可能な行を実行します。

dbstep in は、次に実行可能な行まで進みます。その行が別の MATLAB コード ファイル関数の呼び出しを含んでいる場合、呼び出された関数の最初の実行可能な行まで進みます。その行に MATLAB コード ファイルの呼び出しがなければ、dbstep indbstep と同じです。

dbstep out は関数の残りの部分を実行して、関数の実行が終了した直後に停止します。

すべての形式において、MATLAB ソフトウェアは、ブレークポイントがあると、そこで実行を停止します。

    メモ:   ファイルをデバッグの結果として編集する場合は、最初にデバッグ モードを終了してから、ファイルを編集して変更を保存することをお勧めします。デバッグ モードが一時中止されているときにファイルを編集すると、ファイルの実行を再開したときに、予期せぬ結果が生じ、結果の信頼性が低くなることがあります。

この情報は役に立ちましたか?