ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbstatus

すべてのブレークポイントをリスト

構文

dbstatus
dbstatus file
dbstatus('-completenames')
s = dbstatus(...)

説明

dbstatus は、エラー、キャッチ エラー、警告、naninfs などの有効なすべてのブレークポイントをリストします。

dbstatus file は、指定のファイルでブレークポイントが設定されている行番号のリストを表示します。ここで、file は、MATLAB® コード ファイル関数名または MATLAB 相対部分パスです。各行番号は、クリックするとエディターでそのラインに直接移動できるハイパーリンクです。

dbstatus('-completenames') は、各ブレークポイントに対して、ブレークポイントを含む関数を入れ子にする関数の絶対ファイル名およびシーケンスを表示します。

s = dbstatus(...) は、次の表に示されているフィールドをもつ m1 列の構造体でブレークポイント情報を返します。この構文を使用して、ブレークポイント ステータスを保存します。これは、後で、dbstop(s) を使用して再ストアできます。例については、関数 dbstop を参照してください。

name

関数名。

file

ブレークポイントを含むファイルの絶対パス。

line

ブレークポイント行番号のベクトル。

anonymous

line フィールドの無名関数を表す整数のベクトル。たとえば、2 は、そのラインの 2 番目の無名関数を表します。0 の値は、無名関数ではなく、ラインの開始点にブレークポイントがあることを表します。

expression

line フィールドのラインに対応するブレークポイント条件付き式文字列のセル ベクトル。

cond

条件を表す文字列 ('error''caught error''warning'、または 'naninf')。

identifier

cond'error''caught error'、または 'warning' の場合、特定の cond 状態が設定される MATLAB メッセージ識別子文字列のセル ベクトル。

メソッドやプライベート関数、プライベート メソッドに対するステータスを決定するには (クラス名 class に対して)、dbstatus class/functiondbstatus private/function、または dbstatus class/private/function を使用してください。

すべての形式において、dbstatus function>localfunction のようにローカル関数名を付けて関数名を特定することができます。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

構文では、file に、ファイル、またはファイル内の関数へのパスを使用できます。以下に例を示します。

Breakpoint for foo>myfun is on line 9

これは、foo.m ファイルの 9 行目にある、ローカル関数 myfun にブレークポイントがあることを示します。

この情報は役に立ちましたか?