ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

説明

dbcont は、一時停止の後で MATLAB® コード ファイルの実行を再開します。実行は、他のブレークポイントに到達するか、一時停止条件が満たされるか、エラーが発生するか、あるいは実行が正常に完了するまで続行されます。

    メモ:   デバッグの結果としてファイルを編集する場合、まずデバッグを終了することをお勧めします。そうでない場合は、予期しない結果が発生することがあります。

すべて折りたたむ

デバッグ中に dbcont コマンドを使用してプログラムの実行を再開します。

次のステートメントを含むファイル buggy.m を作成します。

function z = buggy(x)
n = length(x);
z = (1:n)./x;

第 2 行にブレークポイントを追加し、コードを実行します。MATLAB はブレークポイントで実行を一時停止します。

dbstop in buggy at 2
buggy(5)

dbcont コマンドを実行してプログラムの最後まで実行を続行し、デバッグを終了します。

dbcont

関連する例

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?