ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

contrast

コントラストを強調するグレースケール カラーマップ

構文

cmap = contrast(X)
cmap = contrast(X,m)

説明

関数 contrast は、image のコントラストを強調します。新しいグレーのカラーマップ cmap を作成します。これには、ほぼ同じ強度が分布しています。各行の 3 つの要素は同じです。

cmap = contrast(X) は、現在のカラーマップと同じ長さのグレーのカラーマップを返します。NaN または Inf 要素が X に存在する場合は、カラーマップの長さが増加します。

cmap = contrast(X,m) は、m 行 3 列のカラーマップを返します。

すべて展開する

グレー カラーマップでのイメージの表示

clown を読み込んで、イメージ X とその関連カラーマップ map を取得します。Xmap によって 生成されたイメージを表示します。

load clown
figure
image(X)
colormap(map)

contrast を使用して、現在のカラーマップ map と同じ長さのグレー カラーマップを返します。新しいカラーマップ cmap でイメージを表示します。

cmap = contrast(X);
colormap(cmap)

この情報は役に立ちましたか?