ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

contourf

塗りつぶした 2 次元等高線図

構文

contourf(Z)
contourf(Z,n)
contourf(Z,v)
contourf(X,Y,Z)
contourf(X,Y,Z,n)
contourf(X,Y,Z,v)
contourf(...,LineSpec)
contourf(...,Name,Value)
contourf(ax,...)
[C,h] = contourf(...)

説明

塗りつぶし等高線図は、行列 Z から計算した等値線を表示し、等値線間の領域を現在の Figure のカラーマップに対応する一定の色で塗りつぶします。

contourf(Z) は、行列 Z の塗りつぶし等高線図を描画します。ここで Z は、xy 平面を底面とする高さとして解釈されます。Z は、最低 2 個の異なる値を含む、少なくとも 2 行 2 列の行列でなければなりません。x の値は Z の列インデックスに対応し、y の値は Z の行インデックスに対応します。等高線レベルは自動的に選択されます。

contourf(Z,n) は、等高線レベルが n の行列 Z の塗りつぶし等高線図を描画します。

contourf(Z,v) は、単調増加するベクトル v で指定されるデータ値に等高線を表示して、行列 Z の塗りつぶし等高線図を描画します。単一の等高線を特定の値で表示するには、両方の要素が希望する等高線レベルと等しい 2 要素ベクトルとして v を定義します。たとえば、レベル k の等高線を 1 本だけ描画するには、contourf(Z,[k k]) を使用します。ベクトル v を指定すると、LevelListMode プロパティが manual に設定されます。

contourf(X,Y,Z)contourf(X,Y,Z,n)contourf(X,Y,Z,v) は、XY から xy の値を特定して Z の塗りつぶし等高線図を描画します。

  • XY がベクトルの場合、length(X)size(Z,2) と等しく、length(Y)size(Z,1) の行数と等しくなければなりません。ベクトルは厳密に増加するか厳密に減少するかのどちらかでなければならず、繰り返しの値を含めることはできません。

  • XY が行列の場合、これらのサイズが Z のサイズと等しくなければなりません。通常は、列が厳密に増加するか厳密に減少して行が均一 (または行が厳密に増加するか厳密に減少して列が均一) になるように XY を設定します。

X または Y が等間隔ではない場合、contourf は、等間隔の等高線グリッドを使って等高線を計算した後、データを X または Y に変換します。

contourf(...,LineSpec) は、LineSpec によって指定されるラインのタイプと色を使用して等高線を描画します。contourf はマーカー記号を無視します。

contourf(...,Name,Value) は、1 つ以上のプロパティの名前と値のペアを使用して等高線のプロパティを指定します。Name はプロパティ名で、単一引用符 ('') で囲まなければなりません。Value は対応する値です。たとえば 'LineWidth',2 は等高線の幅を 2 に設定します。プロパティの名前と値の一覧については、Contour のプロパティ を参照してください。

contourf(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく ax によって指定される座標軸にプロットします。

[C,h] = contourf(...) は、等高線を定義するデータが格納された等高線行列 C と contour オブジェクト h を返します。等高線行列は contour オブジェクトの ContourMatrix プロパティにも格納されます。関数 clabel は、等高線行列を使用して等高線にラベルを付けます。

すべて折りたたむ

塗りつぶしを使った等高線図の作成

関数 peaks を使用して、20 行 20 列の行列として z を定義します。10 本の等高線を使用して z の塗りつぶしを使った等高線図を作成します。

Z = peaks(20);
contourf(Z,10)

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

Z に値 NaN があると、等高線図中に境界線が黒の空白領域が残ります。

参考

MATLAB 関数

プロパティ

この情報は役に立ちましたか?