ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

contourc

低水準の等高線図計算

構文

C = contourc(Z)
C = contourc(Z,n)
C = contourc(Z,v)
C = contourc(x,y,Z)
C = contourc(x,y,Z,n)
C = contourc(x,y,Z,v)

説明

contourc は、contourcontour3、および contourf で使用される等高線行列 C を計算します。Z の値は、平面を底面とする等高線の高さを決定します。等高線の計算では、Z の寸法によって決定される等間隔のグリッドを使用します。

C = contourc(Z) は、行列 Z のデータから等高線行列を計算します。ここで Z は、少なくとも 2 行 2 列の行列でなければなりません。等高線は、Z を単位とする等値線です。等高線の数と対応する値は自動的に選択されます。

C = contourc(Z,n) は、等高線レベルを n として行列 Z の等高線を計算します。

C = contourc(Z,v) は、ベクトル v で指定される値に等高線が置かれるものとして、行列 Z の等高線を計算します。v の長さが等高線のレベル数を決定します。レベル k の等高線を 1 本だけ計算するには、contourc(Z,[k k]) を使用します。

C = contourc(x,y,Z)C = contourc(x,y,Z,n)C = contourc(x,y,Z,v) は、ベクトル xy から xy の値を特定して Z の等高線を計算します。xy は単調増加するベクトルでなければなりません。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

等高線行列についての詳細は、contour オブジェクトの ContourMatrix プロパティを参照してください。

等間隔でない x および y ベクトルを指定しても、等間隔でないデータの等高線にはなりません。x または y が等間隔ではない場合、関数 contourc は、等間隔の等高線グリッドを使って等高線を計算したのち、データを変換して x または y に設定します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?