ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cmpermute

カラーマップ内の色の再配列

構文

[Y,newmap] = cmpermute(X,map)
[Y,newmap] = cmpermute(X,map,index)

説明

[Y,newmap] = cmpermute(X,map) は、map 内の色をランダムに並べ替えて、新しいカラーマップ newmap を作成します。また、関数 cmpermute は、インデックスとカラーマップの間の対応を維持しながら X の中の値を変更し、その結果を Y に返します。イメージ Y とそれに関連するカラーマップ newmap は、X および map で作成したイメージと同じイメージを作成します。

[Y,newmap] = cmpermute(X,map,index) は、順番を設定した行列 (sort の 2 番目の出力など) を使用して、新しいカラーマップ内での色の順序を定義します。

クラス サポート

入力イメージ X は、クラス uint8 または double のいずれかです。X と同じクラスの配列として Y が返されます。

すべて展開する

カラーマップのランダムな並べ替えとイメージの表示

clown データセットを読み込んで、イメージ X とそれに関連付けられたカラーマップ map を取得します。イメージを表示します。

load clown
figure;
image(X);
colormap(map)

カラーマップをランダムに並べ替えて、新しいカラーマップ newmap を取得します。イメージ X を新しいカラーマップで表示します。

[Y, newmap] = cmpermute(X,map);
colormap(newmap)

参考

|

この情報は役に立ちましたか?