ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cellplot

セル配列の構造をグラフィック表示

構文

cellplot(c)
cellplot(c, 'legend')
handles = cellplot(c)

説明

cellplot(c) は、c の内容をグラフィックで表現する Figure ウィンドウを表示します。塗りつぶされた四角形はベクトルや配列の要素を表し、スカラーや短いテキスト文字列はテキストとして表示されます。

cellplot(c, 'legend') は、プロットの横にカラー バーを配置し、c のデータ型を示すラベルも表示します。

handles = cellplot(c) は、Figure ウィンドウを表示し、surface のハンドルからなるベクトルを返します。

制限

cellplot 関数で表示できるのは、2 次元のセル配列のみです。

行列、ベクトル、2 つのテキスト文字列を含む 2 行 2 列のセル配列を考えます。

c{1,1} = '2-by-2';
c{1,2} = 'eigenvalues of eye(2)';
c{2,1} = eye(2);
c{2,2} = eig(eye(2));

コマンド cellplot(c) は、以下のようなグラフィックを表示します。

参考

この情報は役に立ちましたか?