ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cdflib.getNumgAttributes

グローバル スコープをもつ属性の数

構文

ngatts = cdflib.getNumgAttributes(cdfId)

説明

ngatts = cdflib.getNumgAttributes(cdfId) は、CDF (Common Data Format) ファイルのグローバル変数の合計数を返します。cdfId は CDF ファイルを識別します。

例の CDF を開き、ファイル内のグローバル属性の数を確認します。

cdfid = cdflib.open('example.cdf');

% Determine the number of global attributes in the file.
numgAttrs = cdflib.getNumgAttributes(cdfid)

numgAttrs =

    3

% Clean up
cdflib.close(cdfid);

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFgetNumgAttributes に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF Web siteで CDF のドキュメンテーションをお読みください。

著作権に関する情報は、cdfcopyright.txt ファイルを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?