ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cdflib.getCompression

圧縮設定

構文

[ctype,cparms,cpercentage] = cdflib.getCompression(cdfId)

説明

[ctype,cparms,cpercentage] = cdflib.getCompression(cdfId) は、CDF (Common Data Format) ファイルの圧縮設定に関する情報を返します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

出力引数

ctype

圧縮タイプを表すテキスト文字列 ('HUFF_COMPRESSION' など)。CDF で圧縮を使用しない場合、関数は文字列 'NO_COMPRESSION' を返します。サポートされている圧縮タイプのリストについては、cdflib.setCompression を参照してください。

cparms

圧縮のタイプに関連付けられているパラメーターの値。たとえば、'RLE_COMPRESSION' 圧縮タイプの場合、パラメーターは連長圧縮のスタイルを指定します。各圧縮タイプでサポートされているパラメーターのリストについては、cdflib.setCompression を参照してください。

cpercentage

パーセンテージで表す圧縮の割合。

例の CDF ファイルを開き、ファイルの圧縮設定を確認します。

cdfId = cdflib.open('example.cdf');

[ctype, cparms, cpercentage] = cdflib.getCompression(cdfId)

ctype =

GZIP_COMPRESSION

cparms =

     7

cper =

    26

% Clean up
cdflib.close(cdfId)
clear cdfId

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFgetCompression に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF Web siteで CDF のドキュメンテーションをお読みください。

著作権に関する情報は、cdfcopyright.txt ファイルを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?