ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cdflib.createAttr

属性の作成

構文

attrnum = cdflib.createAttr(cdfId,attrName,scope)

説明

attrnum = cdflib.createAttr(cdfId,attrName,scope) は、指定されたスコープで CDF ファイルに属性を作成します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

attrName

属性に割り当てる名前を指定するテキスト文字列。

scope

属性のスコープを指定する次のいずれかのテキスト文字列、またはその等価な数値。

テキスト文字列説明
'global_scope'CDF 全体に属性を適用します。
'variable_scope'変数のみに属性を適用します。

これらのテキスト文字列定数に相当する数値を取得するには、関数 cdflib.getConstantValue を使用します。

出力引数

attrNum

属性を識別する数値。属性番号はゼロからカウントします。

CDF を作成し、CDF に属性を作成します。この例を実行するためには、書き込み可能なフォルダーに移動します。

cdfid = cdflib.create('your_file.cdf');

% Create attribute
attrNum = cdflib.createAttr(cdfId,'Purpose','global_scope');

% Clean up
cdflib.delete(cdfid);

clear cdfid

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFcreateAttr に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF Web siteで CDF のドキュメンテーションをお読みください。

著作権に関する情報は、cdfcopyright.txt ファイルを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?