ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

camtarget

カメラ ターゲット位置の設定またはクエリ

構文

camtarget
camtarget([camera_target])
camtarget('mode')
camtarget('auto')
camtarget('manual')
camtarget(axes_handle,...)

説明

camtarget は、現在の Axes におけるカメラのターゲットの位置を返します。カメラのターゲットは、Axes 上でカメラが向けられる位置です。カメラは、その位置に関係なく、常にこの点の方向を向きます。

camtarget([camera_target]) は、現在の Axes におけるカメラのターゲットを指定された値に設定します。ターゲットは、希望する位置の xy、および z 座標を Axes のデータ単位で示す 3 要素のベクトルとして指定します。

camtarget('mode') は、カメラ ターゲット モードの値を返します。これは auto (既定の設定) または manual です。

camtarget('auto') は、カメラ ターゲット モードを auto に設定します。カメラ ターゲット モードが auto の場合、カメラのターゲットが軸プロット ボックスの中心になります。

camtarget('manual') は、カメラ ターゲット モードを manual に設定します。

camtarget(axes_handle,...) は、axes_handle で指定される Axes 上でターゲットの設定またはクエリを行います。Axes のハンドルを指定しない場合、camtarget は現在の Axes 上で操作を実行します。

camtarget は、Axes オブジェクトの CameraTarget プロパティおよび CameraTargetMode プロパティの値を設定あるいはクエリします。

実行ステップごとにカメラの位置とカメラのターゲットを x 軸に沿って移動します。

surf(peaks); 
axis vis3d
xp = linspace(-150,40,50);
xt = linspace(25,50,50);
for i=1:50
     campos([xp(i),25,5]);
     camtarget([xt(i),30,0])
     drawnow
end
この情報は役に立ちましたか?