ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cameratoolbar

カメラ ツール バーをプログラム内から制御

構文

cameratoolbar
cameratoolbar('NoReset')
cameratoolbar('SetMode',mode)
cameratoolbar('SetCoordSys',coordsys)
cameratoolbar('Show')
cameratoolbar('Hide')
cameratoolbar('Toggle')
cameratoolbar('ResetCameraAndSceneLight')
cameratoolbar('ResetCamera')
cameratoolbar('ResetSceneLight')
cameratoolbar('ResetTarget')
h = cameratoolbar(...)
mode = cameratoolbar('GetMode')
paxis = cameratoolbar('GetCoordsys')
tf = cameratoolbar('GetVisible')
cameratoolbar('Close')
cameratoolbar(fig,...)

説明

cameratoolbar は、Figure ウィンドウ上でユーザーがマウスをドラッグした場合に Axes のカメラとライトを対話型で操作できるようにするツール バーを作成します。ツール バーを初期化すると、Axes のカメラに関する複数のプロパティが設定されます。

cameratoolbar('NoReset') は、カメラのプロパティを何も設定せずにツール バーを作成します。

cameratoolbar('SetMode',mode) は、ツール バーのモード (押されているボタン) を設定します。mode には、'orbit''orbitscenelight''pan''dollyhv''dollyfb''zoom''roll''nomode' を指定できます。各モードの説明については、「カメラ ツール バー」を参照してください。また、ツール バーにあるそれぞれのモードに対応するボタンをクリックして、モードを設定することもできます。

cameratoolbar('SetCoordSys',coordsys) は、カメラの動きの主軸を設定します。coordsys には、 'x', 'y', 'z', 'none'.

cameratoolbar('Show') は、現在の Figure 上にツール バーを表示します。

cameratoolbar('Hide') は、現在の Figure 上からツール バーを隠します。

cameratoolbar('Toggle') は、ツール バーの表示/非表示を切り替えます。

cameratoolbar('ResetCameraAndSceneLight') は、現在のカメラとシーンライトをリセットします。

cameratoolbar('ResetCamera') は、現在のカメラをリセットします。

cameratoolbar('ResetSceneLight') は、現在のシーンライトをリセットします。

cameratoolbar('ResetTarget') は、現在のカメラのターゲットをリセットします。

h = cameratoolbar(...) は、ハンドルをツール バーに返します。

mode = cameratoolbar('GetMode') は、現在のモードを返します。

paxis = cameratoolbar('GetCoordsys') は、現在の主軸を返します。

tf = cameratoolbar('GetVisible') は、ツール バーの表示状態を返します (表示なら 1、非表示なら 0)。

cameratoolbar('Close') は、現在の Figure からツール バーを削除します。

cameratoolbar(fig,...) は、最初の引数として Figure のハンドルを渡すことにより、操作対象となる Figure を指定します。

一般に、OpenGL ハードウェアを使用すると、レンダリングのパフォーマンスが向上します。

代替方法

Figure ウィンドウの [表示] メニューから [カメラ ツール バー] を選択してツール バーを表示します。

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?