ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

callSoapService

エンドポイントへの SOAP (簡易オブジェクト アクセス プロトコル) メッセージの送信

callSoapService は将来のリリースで削除されます。代わりに matlab.wsdl.createWSDLClient を使用してください。

構文

  • response = callSoapService(endpoint,soapAction,message)

説明

response = callSoapService(endpoint,soapAction,message) は、messageendpointsoapAction サービスに送信します。

すべて折りたたむ

この例では、ローカルのイントラネットにライブラリがあり、実際のエンドポイントは使用しないものとします。したがって、実行することはできません。

「In the Fall」という題名の本の著者名を取得します。ライブラリ サービスの相対パスは urn:LibraryCatalog です。著者名を取得するには、関数 getAuthor を使用し、入力値として本の名前を指定します。getAuthor パラメーターは nameToLookUp です。題名の XML データ型は {http://www.w3.org/2001/XMLSchema}string です。SOAP メッセージのスタイルは既定の rpc です。

SOAP メッセージを作成します。

message = createSoapMessage(...
  'urn:LibraryCatalog',...
  'getAuthor',...
  {'In the Fall'},...
  {'nameToLookUp'},...
  {'{http://www.w3.org/2001/XMLSchema}string'})
message =
 
[#document: null]

この応答は必ずしもメッセージが有効であることを示すものではありません。ただし、入力に問題があればエラー メッセージが作成されます。

メッセージをサーバーに送信して処理し、著者名を取得します。サーバーのエンドポイントは http://test/soap/services/LibraryCatalog です。サーバーのメソッドは urn:LibraryCatalog#getAuthor です。

response = callSoapService(...
  'http://test/soap/services/LibraryCatalog',...
  'urn:LibraryCatalog#getAuthor',...
  message)
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soapenv:Envelope 
xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" 
xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" 
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
<soapenv:Body>
<getAuthorResponse xmlns="urn:LibraryCatalog">
<ns1:getAuthorReturn xmlns:ns1="http://latestversion.soap.test">
Kate Alvin
</ns1:getAuthorReturn>
</getAuthorResponse>
</soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>

このメッセージは MATLAB® では 1 行で返されます。ここでは読みやすいように区切って表示しています。

著者名を抽出します。

author = parseSoapResponse(response)
author = Kate Alvin

XML 文字列データ型は MATLAB で自動的に char に変換されます。

入力引数

すべて折りたたむ

組み込みの HTTP サービスを識別する URL。文字列として指定します。

例: 'http://test/soap/services/LibraryCatalog'

サービスの名前。文字列として指定します。

例: 'urn:LibraryCatalog#getAuthor'

Java ドキュメント オブジェクト モデル (DOM)。文字列として指定します。message の作成には createSoapMessage を使用します。

出力引数

すべて折りたたむ

soapAction の結果。文字列として返されます。response の情報を読み取るには、関数 parseSoapResponse を使用します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?