ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

brighten

カラーマップの輝度の変更

構文

brighten(beta)
brighten(h,beta)
newmap = brighten(beta)
newmap = brighten(cmap,beta)

説明

brighten(beta) は、現在のカラーマップを基本的に同じ色で明るく、または暗くしたカラーマップに置き換えることで、カラーマップ内の色の輝度を増減します。0 < beta < 1 の場合、変更されるカラー マップは明るく、-1 < beta < 0 の場合は暗くなります。beta < 1 の場合、brighten(beta) に続けて brighten(-beta) を実行すると、元のマップに戻ります。

brighten(h,beta) は、ハンドル番号 h をもつ Figure オブジェクトのすべての子オブジェクトについて輝度を変更します。

newmap = brighten(beta) は、画面の表示を変えずに、現在のカラーマップを明るく、あるいは暗くして返します。

newmap = brighten(cmap,beta) は、画面の表示を変えずに、カラーマップ cmap を明るく、あるいは暗くして返します。

すべて折りたたむ

membrane の表面プロットを表示します。

surf(membrane)

カラーマップを明るくします。

beta = .7;
brighten(beta)

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

関数 brighten は、カラーマップ内の値をガンマ乗します。ここでガンマは、以下のように定義されます。

γ={1β,β>011+β,β0

関数 brighten は、トゥルーカラーで定義されたグラフィックス オブジェクトには影響しません。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?