ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

axis

軸のスケーリングと外観

構文

axis([xmin xmax ymin ymax])
axis([xmin xmax ymin ymax zmin zmax cmin cmax])
v = axis
axis auto
axis manual
axis tight
axis fill
axis ij
axis xy
axis equal
axis image
axis square
axis vis3d
axis normal
axis off
axis on
axis(axes_handles,...)
[mode,visibility,direction] = axis('state')

説明

関数 axis は、よく使用される Axes のプロパティを操作します (詳細は、「アルゴリズム」を参照)。

axis([xmin xmax ymin ymax]) は、現在の x 軸と y 軸の範囲を指定します。

axis([xmin xmax ymin ymax zmin zmax cmin cmax]) は、現在の xyz 軸の範囲と色のスケーリング範囲 (caxis を参照) を設定します。

v = axis は、xyz 軸のスケーリング係数を含む行ベクトルを返します。v は、現在の軸が 2 次元か 3 次元かにより、4 要素または 6 要素になります。戻り値は、現在の軸の XLimYlimZLim プロパティです。

axis auto は、現在の軸の範囲を自動的に計算する既定の方法として、xy、および z データの最小値と最大値をベースにします。特定の軸だけの範囲が自動的に設定されるようにすることができます。たとえば、axis 'auto x' は、x 軸の範囲のみ自動的に設定し、axis 'auto yz' は、y 軸、z 軸の範囲を自動的に設定します。

axis manual および axis(axis) は、現在の範囲にスケーリングを固定します。holdon にすると、これに続いてプロットするものは、同じ範囲を使用します。これは、XLimModeYLimModeZLimMode プロパティを manual に設定したことと同じです。

axis tight は、軸の範囲をデータの範囲に設定します。

axis fill は、軸の範囲と PlotBoxAspectRatio を設定し、軸が四角形いっぱいに表示されるようにします。このオプションは、PlotBoxAspectRatioMode または DataAspectRatioMode のいずれかが manual のときにのみ有効です。

axis ij は、左上コーナーに座標系の原点をもつシステムです。i 軸は垂直で、上から下に向かって値が増加します。j 軸は水平で、左から右に向かって値が増加します。

axis xy は、左下コーナーに座標系の原点をもつ既定の直交座標のグラフです。x 軸は水平で、左から右に向かって値が増加します。y 軸は垂直で、下から上に向かって値が増加します。

axis equal は、各方向でデータ単位が等しくなるように各軸の縦横比を設定します。xyz 軸の比は、xyz 方向の中でデータ単位の範囲に従って自動的に調整されます。

axis image は、プロット ボックスがデータの周囲にぴったりあっていることを除けば、axis equal と同じです。

axis square は、現在の軸の領域を正方形 (3 次元の場合は立方体) にします。このオプションは、xyz 軸の長さが等しくなるようにデータ単位間の増加量の調整を行います。

axis vis3d は 3 次元オブジェクトの回転を可能にするために、縦横比のプロパティを固定し、引き伸ばしをオーバーライドします。

axis normal は、軸の縦横比とデータ単位の相対的なスケーリングを、プロット ブロック内を満たすように自動的に調整します。

axis off は、軸線、目盛り、ラベルを取り除きます。

axis on は、軸線、目盛り、ラベルを付けます。

axis(axes_handles,...) は、axis コマンドを指定した軸に適用します。たとえば、次のステートメント

h1 = subplot(221);
h2 = subplot(222);
axis([h1 h2],'square')

は、両方の軸に square を設定します。

[mode,visibility,direction] = axis('state') は、Axes のプロパティの現在の設定を示す 3 つの文字列を返します。

出力引数

返される文字列

mode

'auto' | 'manual'

visibility

'on' | 'off'

direction

'xy' | 'ij'

XLimModeYLimModeZLimMode をすべて auto に設定すると、modeauto になります。XLimModeYLimMode、または ZLimModemanual の場合は、modemanual になります。

axis のキーワードは、スペースで区切って組み合わせることができます (例: axis tight equal)。これらは、左から右に評価されるので、後続のキーワードがその前のキーワードで設定されているプロパティを上書きします。

すべて展開する

軸の範囲の設定

正接関数を 0 から $\pi/2$ までプロットします。

x = 0:.01:pi/2;
y = tan(x);

figure
plot(x,y,'-o')

x 軸の範囲が 0 から $\pi/2$ まで、y 軸の範囲が 0 から 5 までになるように軸の範囲を変更します。

axis([0,pi/2,0,5])

詳細

すべて展開する

ヒント

Axes (およびその Figure ) が存在しない場合は、axis コマンドで作成することができます。ただし、軸の範囲や形式を既定以外にする ([4 8 2 9]squareequalimage など) と、プロットするデータがなく調整する軸の範囲もないので、プロパティが無視されます。この方法で axis を使用する場合は、hold on を設定すると、あらかじめ設定した軸の範囲がオーバーライドされるのを防ぐことができます。

アルゴリズム

xyz 軸に最小値と最大値を設定するときに、axis は現在の軸の XLimYlimZLim プロパティに引数リストの中のそれぞれの最小値と最大値を設定します。さらに、現在の軸の XLimModeYLimModeZLimModemanual に設定します。

axis auto は、現在の軸の XLimModeYLimModeZLimMode プロパティを 'auto' に設定します。

axis manual は、現在の軸の XLimModeYLimModeZLimMode プロパティを 'manual' に設定します。

次の表に、axis equalaxis normalaxis square、および axis image で設定する Axes のプロパティの値を示します。

Axes のプロパティまたは動作

axis equal

axis normal

axis square

axis image

DataAspectRatio property

[1 1 1]

not set

not set

[1 1 1]

DataAspectRatioMode property

manual

auto

auto

manual

PlotBoxAspectRatio property

[3 4 4]

not set

[1 1 1]

auto

PlotBoxAspectRatioMode property

manual

auto

manual

auto

表示域に合わせる

disabled

active

disabled

disabled

この情報は役に立ちましたか?