ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Axes のプロパティ

座標軸の外観と動作の制御

座標軸プロパティは、axes オブジェクトの外観と動作を制御するプロパティです。プロパティの値を変更することによって、座標軸の対応する特性を変更できます。ドット表記を使用して、特定のオブジェクトとプロパティを参照します。

ax = gca;
c = ax.Color;
ax.Color = 'blue';

外観

すべて折りたたむ

Color座標軸の背景色[1 1 1] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

座標軸の背景色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。色を 'none' に設定した場合、座標軸は透明になり Figure の色が透けて見えます。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: [0 0 1]

例: 'b'

例: 'blue'

Box座標軸のボックスの外枠'off' (既定値) | 'on'

座標軸のボックスの外枠。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — 座標軸のボックスの外枠を表示しません。

  • 'on' — 座標軸のボックスの外枠を表示します。3 次元表示では、座標軸の背景部分に外枠が表示されます。外枠の範囲を変更するには、BoxStyle プロパティを使用します。

外枠の色は、XColorYColorZColor の各プロパティで制御します。

BoxStyle座標軸のボックスの外枠のスタイル'back' (既定値) | 'full'

座標軸のボックスの外枠のスタイル。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'back' — 3 次元のボックスの背景部分に外枠を表示します。

  • 'full' — 3 次元のボックス全体に外枠を表示します。

BoxStyle プロパティは 3 次元表示にのみ影響します。

XColor, YColor, ZColor座標軸の外枠と目盛りの色[0.15 0.15 0.15] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

xyz 方向の座標軸の外枠と目盛りの色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。色を 'none' に設定した場合、座標軸の外枠は透明になります。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

このプロパティを設定すると、対応するモード プロパティが manual に設定されます。

例: [1 1 0]

例: 'y'

例: 'yellow'

XColorMode, YColorMode, ZColorMode座標軸の外枠の色の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

座標軸の外枠の色の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の色を使用します。グリッド ラインの選択の関連情報については、GridColorMode プロパティを参照してください。

  • 'manual' — 手動で指定した色を使用します。色を指定するには、XColorYColorZColor の各プロパティを指定します。

LineWidth座標軸の外枠、目盛り、グリッド ラインの幅0.5 (既定値) | スカラー値

座標軸の外枠、目盛り、グリッド ラインの幅。ポイント単位のスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

例: 1.5

個々の座標軸のライン

すべて折りたたむ

XAxisLocationx 軸の位置'bottom' (既定値) | 'top'

x 軸の位置。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'bottom'x 軸を座標軸の下部に表示します。

  • 'top'x 軸を座標軸の上部に表示します。

このプロパティは 2 次元表示にのみ適用されます。

YAxisLocationy 軸の位置'left' (既定値) | 'right'

y 軸の位置。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'left'y 軸を座標軸の右側に表示します。

  • 'right'y 軸を座標軸の左側に表示します。

このプロパティは 2 次元表示にのみ適用されます。

XDir, YDir, ZDir軸の値が増加する方向'normal' (既定値) | 'reverse'

軸の値が増加する方向。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'normal' — 値が増加する方向を通常の方向にします。

    • x 軸の値は、左から右へ増加します。

    • y 軸の値は、2 次元の場合、下から上、3 次元の場合、前から後に増加します。

    • z 軸の値は、2 次元の場合、画面からユーザーの視点方向、3 次元の場合、下から上に増加します。

  • 'reverse' — 値が増加する方向を反対の方向にします。

    • x 軸の値は、右から左に増加します。

    • y 軸の値は、2 次元の場合、上から下、3 次元の場合、後から前に増加します。

    • z 軸の値は、2 次元の場合、ユーザーの視点から画面方向、3 次元の場合、上から下に増加します。

XScale, YScale, ZScale軸の値のスケール'linear' (既定値) | 'log'

軸の値のスケール。'linear' または 'log' として指定します。

XLim, YLim, ZLim軸の範囲の上限と下限[0 1] (既定値) | [min max] の形式の 2 要素ベクトル

x 軸、y 軸、z 軸の範囲の上限と下限。[min max] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB® によって軸の範囲が選択されます。このプロパティに値を割り当てた場合は、モードが 'manual' に設定され、範囲が MATLAB によって自動で計算されなくなります。

XLimMode, YLimMode, ZLimMode軸の範囲の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

軸の範囲の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロットされたデータに基づいて軸の範囲を選択します。つまり、すべてのオブジェクトのすべての XDataYDataZData が座標軸に表示されます。

  • 'manual' — 手動で指定した軸の範囲を使用します。軸の範囲を指定するには、XLimYLimZLim の各プロパティを指定します。

目盛りの値とラベル

すべて折りたたむ

XTick, YTick, ZTick目盛りの位置[] (既定値) | 増加する値からなるベクトル

目盛りの位置。増加する値からなるベクトルとして指定します。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって目盛りの値が選択されます。このプロパティに値を割り当てた場合は、モードが 'manual' に設定され、目盛りの値が MATLAB によって自動で再計算されなくなります。

例: [2 4 6 8 10]

例: 0:10:100

データ型: single | double

XTickMode, YTickMode, ZTickMode目盛りの位置の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

目盛りの位置の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 軸のデータの範囲に基づいて目盛りの位置を選択します。

  • 'manual' — 手動で指定した目盛りの位置を使用します。値を指定するには、XTickYTickZTick の各プロパティを指定します。

XTickLabel, YTickLabel, ZTickLabel目盛りラベル'' (既定値) | 文字列のセル配列

目盛りラベル。文字列のセル配列として指定します。すべての目盛りに対応する十分な文字列を指定しないと、指定した文字列が繰り返し使用されます。目盛りラベルでは TeX マークアップおよび LaTeX マークアップがサポートされます。詳細は、TickLabelInterpreter プロパティを参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってラベルが選択されます。このプロパティに値を割り当てた場合は、モードが 'manual' に設定され、ラベルが MATLAB によって自動で選択されなくなります。

XTickLabelMode, YTickLabelMode, ZTickLabelMode目盛りラベルの選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

目盛りラベルの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロットされるすべてのデータを含むように目盛りラベルの数値が設定されます。

  • 'manual' — 手動で指定した目盛りラベルを使用します。ラベルを指定するには、XTickLabelYTickLabelZTickLabel の各プロパティを指定します。

TickLabelInterpreter目盛りラベルの文字の解釈'tex' (既定値) | 'latex' | 'none'

目盛りラベルの文字の解釈。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用して文字列を解釈します。

  • 'latex' — LaTeX マークアップを使用して文字列を解釈します。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字を追加する、テキストのタイプや色を変更する、テキスト文字列に特殊文字を含めることができます。

次の表に、TickLabelInterpreter プロパティを 'tex' (既定値) に設定した場合のサポートされる修飾子を示します。修飾子の効果は文字列の末尾まで適用されます。ただし、上付き文字と下付き文字は例外で、次の文字または中かっこ {} で囲まれたテキストにのみ適用されます。

修飾子説明文字列の例
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }添字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (ほとんど使用しません)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}specifier でフォント ファミリの名前を指定してフォント スタイルを変更します。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}specifier でスカラー数値を指定してフォント サイズを変更します。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}specifer で色を指定します。redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue を指定できます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}specifier で RGB の 3 要素を指定してフォントの色を変更します。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、インタープリターを 'tex' に設定した場合のサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

Φ

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ɛ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

Θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、TickLabelInterpreter プロパティを 'latex' に設定します。テキストは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示され、FontNameFontWeightFontAngle のプロパティは無視されます。フォント スタイルを変更するには、テキスト文字列内で LaTeX マークアップを使用します。

LaTeX インタープリターで使用できる文字列の最大サイズは 1200 文字です。複数行の文字列の場合は、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムについての詳細は、LaTeX プロジェクトの Web サイト (http://www.latex-project.org/) を参照してください。

XTickLabelRotation, YTickLabelRotation, ZTickLabelRotation目盛りラベルの回転0 (既定値) | 角度のスカラー値

目盛りラベルの回転。角度のスカラー値として指定します。負の値を指定すると時計回りになります。

例: 90

XMinorTick, YMinorTick, ZMinorTick小目盛りの表示'off' (既定値) | 'on'

小目盛りの表示。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — 小目盛りを表示しません。

  • 'on' — 軸の大目盛りの間に小目盛りを表示します。大目盛りの間隔に応じて小目盛りの数が決まります。

TickLength目盛りの長さ[0.01 0.025] (既定値) | 2 要素ベクトル

目盛りの長さ。[2Dlength 3Dlength] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。最初の要素が 2 次元表示の目盛りの長さで、2 番目の要素が 3 次元表示の目盛りの長さです。表示される x 軸、y軸、z 軸のラインのうち、最も長いラインに対して正規化される単位で値を指定します。

例: [0.02 0.035]

TickDir目盛りの方向'in' (既定値) | 'out'

目盛りの方向。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'in' — 軸のラインから内側に向かって目盛りを設定します。これは 2 次元表示の既定の設定です。

  • 'out' — 軸のラインから外側に向かって目盛りを設定します。これは 3 次元表示の既定の設定です。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって目盛りラベルの方向が選択されます。このプロパティを設定した場合は、モードが 'manual' に設定され、目盛りラベルの方向が MATLAB によって自動で選択されなくなります。

TickDirModeTickDir の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

TickDir プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の目盛りの方向を使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した目盛りの方向を使用します。目盛りの方向を指定するには、TickDir プロパティを設定します。

グリッド ライン

すべて折りたたむ

XGrid, YGrid, ZGridグリッド ラインの表示'off' (既定値) | 'on'

グリッド ラインの表示。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — グリッド ラインを表示しません。

  • 'on'xyz の定数値などを基準に、各軸に対して垂直なグリッド ラインを表示します。grid コマンドを使用して、これらの 3 つのプロパティを 'on' または 'off' にまとめて設定できます。

XMinorGrid, YMinorGrid, ZMinorGridマイナー グリッド ラインの表示'off' (既定値) | 'on'

マイナー グリッド ラインの表示。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — グリッド ラインを表示しません。

  • 'on' — 各軸の小目盛りを基準にグリッド ラインを表示します。マイナー グリッド ラインを表示するために、小目盛りを有効にする必要はありません。

GridLineStyleグリッド ラインのライン スタイル'-' (既定値) | '--' | ':' | '-.' | 'none'

グリッド ラインのライン スタイル。次の表の文字列のいずれかとして指定します。

文字列ライン スタイル
'-'実線
'--'破線
':'点線
'-.'一点鎖線
'none'ラインなし

グリッド ラインを表示するには、grid on コマンドを使用するか、XGridYGridZGrid の各プロパティを 'on' に設定します。

MinorGridLineStyleマイナー グリッド ラインのライン スタイル':' (既定値) | '-' | '--' | '-.' | 'none'

マイナー グリッド ラインのライン スタイル。次の表の文字列のいずれかとして指定します。

文字列ライン スタイル
'-'実線
'--'破線
':'点線
'-.'一点鎖線
'none'ラインなし

マイナー グリッド ラインを表示するには、grid minor コマンドを使用するか、XGridMinorYGridMinorZGridMinor の各プロパティを 'on' に設定します。

GridColorグリッド ラインの色[0.15 0.15 0.15] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

グリッド ラインの色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

座標軸のボックスの外枠の色を設定するには、XColorYColorZColor の各プロパティを使用します。

このプロパティを設定すると、対応するモード プロパティが manual に設定されます。

例: [0 0 1]

例: 'b'

例: 'blue'

GridColorModeGridColor の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

GridColor プロパティの選択モード。'auto' または 'manual' として指定します。色は GridColorModeXColorModeYColorModeZColorMode の各プロパティの値に基づきます。

次の表に、色の選択モードのさまざまな組み合わせについて、対応するグリッド ラインの色を示します。

GridColorMode プロパティXColorMode プロパティx 軸のグリッド ラインの色

'auto'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'auto'

'manual'

XGridColor プロパティを使用します。

'manual'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'manual'

'manual'

GridColor プロパティを使用します。

GridColorMode プロパティYColorMode プロパティy 軸のグリッド ラインの色

'auto'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'auto'

'manual'

YGridColor プロパティを使用します。

'manual'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'manual'

'manual'

GridColor プロパティを使用します。

GridColorMode プロパティZColorMode プロパティz 軸のグリッド ラインの色

'auto'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'auto'

'manual'

ZGridColor プロパティを使用します。

'manual'

'auto'

GridColor プロパティを使用します。

'manual'

'manual'

GridColor プロパティを使用します。

MinorGridColorマイナー グリッド ラインの色[0.1 0.1 0.1] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列

マイナー グリッド ラインの色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: [0 0 1]

例: 'b'

例: 'blue'

GridAlphaグリッド ラインの透明度0.15 (既定値) | [0,1] の範囲の値

グリッド ラインの透明度。[0,1] の範囲の値として指定します。値 1 は不透明で、値 0 は完全に透明です。

このプロパティを設定すると、対応するモード プロパティが manual に設定されます。

例: 0.5

GridAlphaModeGridAlpha の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

GridAlpha プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の透明度の値 0.15 を使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した透明度の値を使用します。値を指定するには、GridAlpha プロパティを設定します。

MinorGridAlphaマイナー グリッド ラインの透明度0.25 (既定値) | [0,1] の範囲の値

マイナー グリッド ラインの透明度。[0,1] の範囲の値として指定します。値 1 は不透明で、値 0 は完全に透明です。

このプロパティを設定すると、対応するモード プロパティが manual に設定されます。

例: 0.5

MinorGridAlphaModeMinorGridAlpha の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

MinorGridAlpha プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の透明度の値 0.15 を使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した透明度の値を使用します。値を指定するには、MinorGridAlpha プロパティを設定します。

Layerグリッド ラインと目盛りのグラフィックス オブジェクトに対する相対的な位置'bottom' (既定値) | 'top'

グリッド ラインと目盛りのグラフィックス オブジェクトに対する相対的な位置。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'bottom' — 目盛りとグリッド ラインをグラフィックス オブジェクトの下に表示します。

  • 'top' — 目盛りとグリッド ラインをグラフィックス オブジェクトの上に表示します。

このプロパティは 2 次元表示にのみ影響します。

フォント スタイル

すべて折りたたむ

FontNameフォント名'Helvetica' (既定値) | 'FixedWidth' | システムでサポートされているフォントの名前

フォント名。使用するフォントの名前か文字列 'FixedWidth' を指定します。適切に表示および印刷するには、フォント名はユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。

どのロケールでもテキストが整って見えるように、固定幅のフォントを使用する場合は、大文字と小文字が区別される文字列 'FixedWidth' を使用します。これは、固定幅のフォントの名前をハード コードするために必要な処理を無視します。そのため、ASCII 文字エンコードを使用しないシステム上で、適切にテキスト プロパティを表示できない場合があります。値 'FixedWidth' はルートの FixedWidthFontName プロパティに依存します。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、新規フォントを使用して表示したものをすぐに更新することになります。

例: 'Cambria'

FontSizeフォント サイズ10 (既定値) | スカラー数値

フォント サイズ。スカラー数値として指定します。軸ラベルとタイトルで使用されるテキストのサイズは、FontSizeLabelFontSizeMultiplierTitleFontSizeMultiplier の各プロパティで定義されます。フォント サイズの解釈に使用される単位は、FontUnits プロパティで定義されます。

例: 12

TitleFontSizeMultiplierタイトルのフォント サイズのスケール係数1.1 (既定値) | 0 より大きい数値

タイトルのフォント サイズのスケール係数。0 より大きい数値として指定します。このスケール係数は、タイトルのフォント サイズを定義する FontSize プロパティの値に適用されます。

例: 1.75

LabelFontSizeMultiplierラベルのフォント サイズのスケール係数1.1 (既定値) | 0 より大きい数値

ラベルのフォント サイズのスケール係数。0 より大きい数値として指定します。このスケール係数は、x 軸、y 軸、z 軸のラベルのフォント サイズを定義する FontSize プロパティに適用されます。

例: 1.5

FontUnitsフォント サイズの単位'points' (既定値) | 'inches' | 'centimeters' | 'characters' | 'normalized' | 'pixels'

フォント サイズの単位。次の表のいずれかの値を指定します。

Units説明
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 文字単位の幅は文字 x の幅で、1 文字単位の高さはテキストの 2 行のベースライン間の距離です。
'normalized'座標軸の高さに対する割合と解釈されます。座標軸のサイズを変更すると、それに応じたフォント サイズに MATLAB によって変更されます。たとえば、FontSize が正規化された単位の 0.1 である場合、テキストは座標軸の高さの 1/10 になります。
'pixels'ピクセル。ピクセルのサイズは画面の解像度に依存します。

1 回の関数呼び出しでフォント サイズとフォントの単位の両方を設定する場合は、指定したフォント サイズが正しく解釈されるように、先に FontUnits プロパティを設定しなければなりません。

FontAngle文字の傾斜'normal' (既定値) | 'italic'

文字の傾斜。'normal' または 'italic' として指定します。すべてのフォントに両方のフォント スタイルがあるとは限りません。そのため、イタリック フォントを指定しても標準フォントと変わらない場合があります。

    メモ:   値 'oblique' は削除されました。代わりに 'italic' を使用してください。

FontWeightテキスト文字の太さ'normal' (既定値) | 'bold'

テキスト文字の太さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'normal' — 各フォントで定義されている既定の太さ

  • 'bold' — 標準よりも太い文字

MATLAB ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字フォントがあるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

    メモ:   フォントの太さの値 'light' および 'demi' は削除されました。代わりに 'normal' を使用してください。

TitleFontWeightタイトル テキストの太さ'bold' (既定値) | 'normal'

タイトル テキストの太さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'bold' — 通常よりも太い文字

  • 'normal' — 各フォントで定義されている既定の太さ

FontSmoothingテキストの平滑化'on' (既定値) | 'off'

テキストの平滑化。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'on' — アンチエイリアス処理を使用して画面上のテキストの表示を滑らかにします。

  • 'off' — アンチエイリアス処理を使用しません。この設定はテキストがぼやけて見えるときに使用します。平滑化したテキストは背景色と混ざり合って不鮮明になることがあります。

タイトルと軸ラベル

すべて折りたたむ

Title座標軸のタイトルの text オブジェクトtext オブジェクト (既定値)

座標軸のタイトルの text オブジェクト。この text オブジェクトを参照してタイトルのプロパティを変更します。

ax = gca;
ax.Title.String = 'My Graph Title';
ax.Title.FontWeight = 'normal';

    メモ:   座標軸のタイトルの text オブジェクトにアクセスするには、Title プロパティまたは関数 title を使用します。この text オブジェクトは座標軸の Children プロパティには含まれていません。そのため、findobj で返すことはできず、text オブジェクトに対して定義されている既定値は使用されません。

XLabel, YLabel, ZLabel軸ラベルの text オブジェクトtext オブジェクト (既定値)

x 軸、y 軸、z 軸のラベルの text オブジェクト。この text オブジェクトを参照して軸ラベルのプロパティを変更します。

ax = gca;
ax.YLabel.String = 'Y Axis';
ax.YLabel.FontSize = 12;

    メモ:   軸ラベルの text オブジェクトにアクセスするには、XLabelYLabelZLabel の各プロパティまたは xlabelylabelzlabel の各関数を使用します。これらの text オブジェクトは座標軸の Children プロパティには含まれていません。そのため、findobj で返すことはできず、text オブジェクトに対して定義されている既定値は使用されません。

ラインの色とライン スタイル

すべて折りたたむ

ColorOrder複数ラインのプロットの色事前定義された 7 種類の色 (既定値) | RGB の 3 要素から成る 3 列の行列

複数ラインのプロットの色。RGB の 3 要素からなる 3 列の行列として指定します。行列の各行で色の順序に含まれる色を 1 つずつ定義します。既定の色の順序には 7 種類の色が含まれています。

既定の色の順序対応する RGB の 3 要素

    [    0    0.4470    0.7410
    0.8500    0.3250    0.0980
    0.9290    0.6940    0.1250
    0.4940    0.1840    0.5560
    0.4660    0.6740    0.1880
    0.3010    0.7450    0.9330
    0.6350    0.0780    0.1840]

ライン プロットを作成する関数では、各ラインに順番に色を使用していきます。使用される色には座標軸のホールド状態が影響します。

  • ホールド状態がオフの場合 (NextPlot プロパティが 'replace' に設定されている場合)、plot などの高水準プロット関数は、プロットの実行前に色の順序を既定の色にリセットします。色の順序で新しい色を指定した場合に、高水準プロット関数でリセットされないようにするには、NextPlot プロパティを 'replacechildren' に設定します。また、関数 set を使用して、ルートの ColorOrder プロパティの既定値を新たに指定することもできます。たとえば、set(groot,'defaultAxesColorOrder',[0 1 0; 0 0 1]) を使用します。

  • 座標軸のホールド状態がオンの場合 (NextPlot プロパティが 'add' に設定されている場合)、プロット関数は、前回のプロットで使用した色から引き続き順番に色を使用します。

データ型: single | double

LineStyleOrder複数ラインのプロットのライン スタイルとマーカー'-' 実線 (既定値) | 指定子のセル配列

複数ラインのプロットのライン スタイルとマーカー。次の表の 1 つ以上の指定子からなるセル配列として指定します。たとえば {'-*',':','o'} のように指定します。

指定子ライン スタイル
'-' (既定の設定) 実線
'--'破線
':'点線
'-.'一点鎖線
'+'プラス記号のマーカー
'o'円形のマーカー
'*'星印のマーカー
'.'点のマーカー
'x'X 印のマーカー
's'四角形のマーカー
'd'菱形のマーカー
'^'上向きの三角形のマーカー
'v'下向きの三角形のマーカー
'>'右向きの三角形のマーカー
'<'左向きの三角形のマーカー
'p'星形五角形のマーカー
'h'星形六角形のマーカー

マーカー付きのラインを指定するには、'-*' のように文字列を組み合わせます。プロットで次のライン スタイルが使用されるのは、ColorOrder プロパティに格納されている色がすべて使用された後です。座標軸のホールド状態がオフの場合 (NextPlot プロパティが 'replace' に設定されている場合)、plot などの高水準プロット関数は、プロットの実行前にライン スタイルの順序を既定のライン スタイルにリセットします。既定の設定とは異なる一連のライン スタイルを指定した場合に、高水準プロット関数で LineStyleOrder プロパティがリセットされないようにするには、NextPlot'replacechildren' に設定します。また、関数 set を使用して、ルートの LineStyleOrder プロパティの既定値を新たに指定することもできます。たとえば、set(groot,'defaultAxesLineStyleOrder',{'-*',':','o'}) を使用します。

例: {'-*',':','o'}

ColorOrderIndex色の順序で次に使用する色1 (既定値) | 正の整数

色の順序で次に使用する色。正の整数として指定します。座標軸に新しいプロットを追加すると、色の順序の現在のインデックス値に基づいて色が使用されます。座標軸に次のプロットを追加するときに最初の色が使用されるようにするには、このプロパティを 1 に設定します。

hold on コマンドの後に続けて呼び出したプロット関数では、色の順序の現在のインデックス値から引き続き順番に色を使用します。色の順序をリセットするには、インデックスを 1 に設定します。

現在の ColorOrder プロパティで定義されている色の数を超えるインデックスが指定された場合、プロット関数は、関数 mod を使用してインデックス値を判別します。

mod(ColorOrderIndex value, number of colors in ColorOrder)

例: 5

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

LineStyleOrderIndexライン スタイルの順序で次に使用するライン スタイル1 (既定値) | 正の整数

ライン スタイルの順序で次に使用するライン スタイル。正の整数として指定します。座標軸に新しいプロットを追加すると、ライン スタイルの順序の現在のインデックス値に基づいてライン スタイルが使用されます。最初のライン スタイルを使用するには、このプロパティを 1 に設定します。

hold on コマンドの後に続けて呼び出したプロット関数では、ライン スタイルの順序の現在のインデックス値から引き続き順番にライン スタイルを使用します。

現在の LineStyleOrder プロパティで定義されているライン スタイルの数を超えるインデックスが指定された場合、プロット関数は、関数 mod を使用してインデックス値を判別します。

mod(LineStyleOrderIndex value,number of line styles  in LineStyleOrder)

    メモ:   既定の LineStyleOrder にはライン スタイルが 1 つだけ含まれています。

例: 1

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

色と透明度のマッピング

すべて折りたたむ

CLimカラーマップを使用するオブジェクトの色の範囲[0 1] (既定値) | [cmin cmax] の形式の 2 要素ベクトル

カラーマップを使用する座標軸のオブジェクトの色の範囲。[cmin cmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。このプロパティは、データ値をカラーマップの色にどのようにマッピングするかを定義します。

  • cmin は、カラーマップの最初の色にマッピングされるデータ値を指定します。

  • cmax は、カラーマップの最後の色にマッピングされるデータ値を指定します。

cmincmax の間のデータ値はカラーマップに従って線形内挿されます。この範囲外の値には、最初と最後のいずれか近い方の色が使用されます。

カラーマップの変更については、関数 colormap を参照してください。カラー マッピングについては、関数 caxis を参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって色の範囲が選択されます。このプロパティに値を割り当てた場合は、モードが 'manual' に設定され、色の範囲が MATLAB によって自動で選択されなくなります。

CLimModeCLim の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

CLim プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 表示されるグラフィックス オブジェクトの CData の範囲が座標軸の範囲内に収まるように CLim プロパティを設定します。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、CLim プロパティを設定します。これらの値は、座標軸の子オブジェクトの範囲が変わっても変更されません。

ALimイメージ、パッチおよび表面の透明度のアルファ値の範囲[0 1] (既定値) | [amin amax] の形式の 2 要素ベクトル

イメージ、パッチおよび表面の透明度のアルファ値の範囲。[amin amax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。このプロパティは、image、patch および surface オブジェクトの AlphaData プロパティのデータ値を Figure の alphamap にどのようにマッピングするかを定義します。

  • amin は、Figure の alphamap の最初のアルファ値にマッピングされるデータ値を指定します。

  • amax は、Figure の alphamap の最後のアルファ値にマッピングされるデータ値を指定します。

aminamax の間のデータ値は Figure の alphamap に従って線形内挿されます。この範囲外の値には、alphamap の最初と最後のいずれか近い方の値が使用されます。

alphamap は Figure の Alphamap プロパティに格納されます。詳細は、関数 alpha を参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってアルファ値の範囲が選択されます。このプロパティを設定した場合は、モードが 'manual' に設定され、アルファ値の範囲が MATLAB によって自動で選択されなくなります。

ALimModeALim の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

ALim プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto'Children プロパティに格納された座標軸の子オブジェクトの AlphaData を含むように値が設定されます。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、ALim プロパティを設定します。

AmbientLightColor背景光の色[1 1 1] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列

背景光の色。RGB の 3 要素または色文字列として指定します。周囲光は、座標軸内に目に見える light オブジェクトがある場合に座標軸内のすべてのオブジェクトを一様に照らす、方向性のない光です。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: [1 0 1]

例: 'm'

例: 'magenta'

複数のプロット

すべて折りたたむ

NextPlot新しいプロットの追加時にリセットするプロパティ'replace' (既定値) | 'add' | 'replacechildren'

座標軸への新しいプロットの追加時にリセットするプロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'replace' — 座標軸の PositionUnits を除くすべてのプロパティを既定値にリセットし、座標軸のすべての子オブジェクトを削除してから新しいプロットを表示します。この値を使用すると、cla reset を使用した場合と同様になります。

  • 'add' — 既存の座標軸にプロットを追加し、プロパティをリセットしません。

  • 'replacechildren' — すべての子オブジェクトを削除してから新しいプロットを追加しますが、座標軸のプロパティはリセットしません。これは cla を使用した場合と同様になります。

関数 newplot を使用すると、NextPlot プロパティの使用が容易になり、カスタムのグラフ作成関数を記述する場合に便利です。NextPlot プロパティは Figure にもあります。

SortMethodオブジェクトのレンダリング順序'depth' (既定値) | 'childorder'

オブジェクトのレンダリング順序。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'depth' — 現在の表示に基づいて背面から前面の順にオブジェクトを描画します。この値を使用すると、他のオブジェクトよりも前面にあるオブジェクトが正しく描画されます。

  • 'childorder' — 3 次元でのオブジェクトの位置関係を考慮せずに、グラフィックス関数で作成された順にオブジェクトを描画します。この値を使用するとレンダリング速度が上がり、特に Figure が非常に大きい場合に便利ですが、表示されるオブジェクトの前後方向の並べ替えが適切にならないことがあります。

可視性

すべて折りたたむ

Visibleaxes の可視性'on' (既定値) | 'off'

axes の可視性。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — axes を表示します。

  • 'off' — axes を削除せずに非表示にします。非表示の axes オブジェクトのプロパティに引き続きアクセスできます。

Clipping座標軸の範囲へのオブジェクトのクリップ'on' (既定値) | 'off'

座標軸の範囲へのオブジェクトのクリップ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'on' — プロット オブジェクトの座標軸の範囲に収まらない部分を表示しません。

  • 'off' — プロット オブジェクトの一部が座標軸の範囲に収まらない場合でもすべての部分を表示します。プロットを作成して hold on を設定し、軸のスケーリングを固定した後に、元のプロットよりも大きなプロットを追加した場合、オブジェクトの一部が範囲の外側に表示されることがあります。

Axes および Axes に含まれる各オブジェクトには、クリップ動作を制御する Clipping プロパティがあります。Axes の Clipping プロパティが 'on' の場合、Axes の個々のオブジェクトがそれぞれのクリップ動作を制御します。Axes のすべてのオブジェクトのクリップを無効にするには、Axes の Clipping プロパティを 'off' に設定します。次の表に、Clipping プロパティの値をさまざまな組み合わせの結果を示します。

Axes の Clipping プロパティ各オブジェクトの Clipping プロパティ結果
'on''on'個々のオブジェクトがクリップされる (既定)
'on''off'個々のオブジェクトはクリップされない
'off''on'Axes 内のオブジェクトはどれもクリップされない
'off''off'Axes 内のオブジェクトはどれもクリップされない

ClippingStyleクリップに使用する境界'3dbox' (既定値) | 'rectangle'

クリップに使用する境界。次の値のいずれかとして指定します。

  • '3dbox' — 座標軸の範囲で定義される座標軸のボックスの 6 面にプロット オブジェクトをクリップします。

  • 'rectangle' — 任意の表示において座標軸を囲む四角形の境界にプロット オブジェクトをクリップします。

ClippingStyle プロパティは、オブジェクトまたは座標軸の Clipping プロパティが 'off' に設定されている場合はオブジェクトの表示に影響しません。

位置とサイズ

すべて折りたたむ

PositionFigure または uipanel 内での座標軸のサイズと位置[0.1300 0.1100 0.7750 0.8150] (既定値) | 4 要素ベクトル

座標軸を格納する Figure または uipanel 内での座標軸のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。left 要素と bottom 要素で、コンテナーの左下隅から座標軸の左下隅までの距離を定義します。width 要素と height 要素は座標軸の大きさです。

既定では、コンテナーを基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。

座標軸の大きさは、他のすべてのプロパティに準拠し、Position の四角形に収まる最大の値になります。座標軸のサイズや形状に影響するその他のプロパティには、DataAspectRatioPlotBoxAspectRatioCameraViewAngle があります。

例: [0 0 1 1]

TightInsetテキスト ラベル用の余白[left bottom right top] の形式の 4 要素ベクトル

このプロパティは読み取り専用です。

テキスト ラベル用の余白。[left bottom right top] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。Position プロパティの境界から座標軸のテキスト ラベルとタイトルの範囲までの距離を定義します。既定では、座標軸を格納する Figure または uipanel を基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。

Position プロパティと TightInset プロパティは、座標軸とそのラベルおよびタイトルを囲む最も狭いボックスを定義します。次の図は、TightInsetPosition の値の組み合わせで定義される領域を示しています。

詳細は、「タイトルとラベルを合わせるための座標軸のサイズ変更」を参照してください。

OuterPositionラベルと余白を含む座標軸のサイズと位置[0 0 1 1] (既定値) | 4 要素ベクトル

ラベルと余白を含む座標軸のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、座標軸の外側の境界を囲む四角形の範囲を定義します。left 要素と bottom 要素で、座標軸を格納する Figure または uipanel の左下隅から四角形の左下隅までの距離を定義します。width 要素と height 要素は四角形の大きさです。

既定では、コンテナーを基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。既定値 [0 0 1 1] は、コンテナーの内側全体になります。

次の図の赤の四角形は、OuterPosition で定義される領域を示しています。緑の四角形は、Position プロパティで定義される領域です。

詳細は、「タイトルとラベルを合わせるための座標軸のサイズ変更」を参照してください。

ActivePositionPropertyサイズ変更の実行時に一定に保つ位置プロパティ'outerposition' (既定値) | 'position'

サイズ変更の実行時に一定に保つ位置プロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'outerposition'OuterPosition プロパティを一定に保ちます。Figure のサイズ変更時にテキストはクリップされません。

  • 'position'Position プロパティを一定に保ちます。

Figure のサイズを変更できるのは、対話形式でサイズを変更する場合と印刷またはエクスポートの実行時です。

Units位置の単位'normalized' (既定値) | 'inches' | 'centimeters' | 'points' | 'pixels' | 'characters'

位置の単位。次の表のいずれかの値を指定します。

Units説明
'normalized' (既定)コンテナー (通常は Figure または uipanel) を基準に正規化されます。コンテナーの左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 文字単位の幅は文字 x の幅で、1 文字単位の高さはテキストの 2 行のベースライン間の距離です。
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'pixels'ピクセル。ピクセルのサイズは画面の解像度に依存します。

オブジェクトの作成中に Name,Value のペアとして単位を指定する場合、それらの単位を使用するプロパティ (Position など) を指定する前に Units プロパティを設定しなければなりません。

縦横比

すべて折りたたむ

Projection2 次元の画面への射影のタイプ'orthographics' (既定値) | 'perspective'

2 次元の画面への射影のタイプ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'orthographic' — 視点から与えられた点までの距離に関して、グラフィックス オブジェクトの正しい相対的な大きさを保ち、データ内の平行線を画面上に描画します。

  • 'perspective' — 3 次元のオブジェクトを 2 次元表現で深みを与えるために、遠近を付けて表現します。遠近法では、オブジェクトの相対的な大きさは維持されません。同じ長さの線でも、遠いものは近いものに比べ短く表示されます。データ内の平行線は、画面上では平行ではない場合があります。

DataAspectRatio各軸のデータ単位の相対的な長さ[1 1 1] (既定値) | [dx dy dz] の書式の 3 要素ベクトル

各軸のデータ単位の相対的な長さ。[dx dy dz] の形式の 3 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、xyz のデータの相対的なスケール係数を定義します。たとえば、このプロパティを [1 2 1] と指定すると、x 軸のデータ単位が 1、y 軸のデータ単位が 2、z 軸のデータ単位が 1 に設定されます。

DataAspectRatio プロパティは、PlotBoxAspectRatioXLimModeYLimModeZLimMode の各プロパティと連動して、MATLAB による x 軸、y 軸、z 軸のスケーリング方法を制御します。

DataAspectRatioModePlotBoxAspectRatioModeCameraViewAngleMode がすべて 'auto' に設定されている場合に DataAspectRatio の値を設定すると、"Figure の形状に合わせる" 動作が無効になります。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって縦横比が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

例: [1 1 1]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

DataAspectRatioModeDataAspectRatio の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

DataAspectRatio プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — Figure で提供される領域を最大限に利用できる値を使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、DataAspectRatio プロパティを設定します。DataAspectRatioModePlotBoxAspectRatioModeCameraViewAngleMode がすべて 'auto' の場合に DataAspectRatioMode'manual' に変更すると、"Figure の形状に合わせる" 動作が無効になります。

    次の表に、各プロパティのさまざまな組み合わせについて、表示域に合わせる動作を無効にした場合の動作を示します。

    XLimitMode、YLimitMode、ZLimitMode

    DataAspectRatioMode

    PlotBoxAspectRatioMode

    動作

    'auto'

    'auto'

    'auto'

    すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択されます。

    'auto'

    'auto'

    'manual'

    すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択され、その範囲内で指定した PlotBoxAspectRatio になるように DataAspectRatio が変更されます。

    'auto'

    'manual'

    'auto'

    すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択され、その範囲内で指定した DataAspectRatio になるように PlotBoxAspectRatio が変更されます。

    'auto'

    'manual'

    'manual'

    指定した PlotBoxAspectRatio で、指定した DataAspectRatio に基づいて、プロット全体が中央に収まるように座標軸の範囲が選択されます (3 次元のうち 2 つの次元の周りに空白ができることがあります)。

    'manual'

    'auto'

    'auto'

    指定した座標軸の範囲が使用され、必要に応じて DataAspectRatioPlotBoxAspectRatio が変更されます。

    'manual'

    'auto'

    'manual

    指定した座標軸の範囲と PlotBoxAspectRatio の値が使用され、必要に応じて DataAspectRatio の値が変更されます。

    'manual'

    'manual'

    'auto'

    指定した座標軸の範囲と DataAspectRatio の値が使用され、必要に応じて PlotBoxAspectRatio の値が変更されます。

    1 つが 'manual' で 2 つが 'auto'

    'manual'

    'manual'

    指定した縦横比と座標軸の範囲が維持されるように残りの範囲が選択されます。

    2 つが 'manual' で 1 つが 'auto'、または 3 つがいずれも 'manual'

    'manual'

    'manual'

    PlotBoxAspectRatio の値が無視され、指定した座標軸の範囲と DataAspectRatio が使用されます。

PlotBoxAspectRatio各軸の相対的な長さ[1 1 1] (既定値) | [px py pz] の書式の 3 要素ベクトル

各軸の相対的な長さ。[px py pz] の形式の 3 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、x 軸、y 軸、z 軸の相対的なスケール係数を定義します。プロット ボックスは、座標軸の範囲の定義に従って座標軸のデータ領域を取り囲むボックスです。

PlotBoxAspectRatio プロパティは、DataAspectRatioXLimModeYLimModeZLimMode の各プロパティと連動します。DataAspectRatioModePlotBoxAspectRatioModeCameraViewAngleMode がすべて 'auto' の場合に PlotBoxAspectRatio を設定すると、"Figure の形状に合わせる" 動作が無効になります。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって縦横比が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

例: [1,0.75,0.75]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

PlotBoxAspectRatioModePlotBoxAspectRatio の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

PlotBoxAspectRatio プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — Figure で提供される領域を最大限に利用できる値を使用します。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、PlotBoxAspectRatio プロパティを設定します。PlotBoxAspectRatioModeDataAspectRatioModeCameraViewAngleMode がすべて 'auto' の場合に PlotBoxAspectRatioMode'manual' に変更すると、"Figure の形状に合わせる" 動作が無効になります。

次の表に、各プロパティのさまざまな組み合わせについて、表示域に合わせる動作を無効にした場合の動作を示します。

XLimitMode、YLimitMode、ZLimitMode

DataAspectRatioMode

PlotBoxAspectRatioMode

動作

'auto'

'auto'

'auto'

すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択されます。

'auto'

'auto'

'manual'

すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択され、その範囲内で指定した PlotBoxAspectRatio になるように DataAspectRatio が変更されます。

'auto'

'manual'

'auto'

すべての次元ですべてのデータを含むように座標軸の範囲が選択され、その範囲内で指定した DataAspectRatio になるように PlotBoxAspectRatio が変更されます。

'auto'

'manual'

'manual'

指定した PlotBoxAspectRatio で、指定した DataAspectRatio に基づいて、プロット全体が中央に収まるように座標軸の範囲が選択されます (3 次元のうち 2 つの次元の周りに空白ができることがあります)。

'manual'

'auto'

'auto'

指定した座標軸の範囲が使用され、必要に応じて DataAspectRatioPlotBoxAspectRatio が変更されます。

'manual'

'auto'

'manual

指定した座標軸の範囲と PlotBoxAspectRatio の値が使用され、必要に応じて DataAspectRatio の値が変更されます。

'manual'

'manual'

'auto'

指定した座標軸の範囲と DataAspectRatio の値が使用され、必要に応じて PlotBoxAspectRatio の値が変更されます。

1 つが 'manual' で 2 つが 'auto'

'manual'

'manual'

指定した縦横比と座標軸の範囲が維持されるように残りの範囲が選択されます。

2 つが 'manual' で 1 つが 'auto'、または 3 つがいずれも 'manual'

'manual'

'manual'

PlotBoxAspectRatio の値が無視され、指定した座標軸の範囲と DataAspectRatio が使用されます。

ビュー

すべて折りたたむ

CameraPositionカメラの位置[x y z] の書式の 3 要素ベクトル

カメラの位置 (視点)。[x y z] の形式の 3 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、位置の各軸の座標を定義します。CameraPosition プロパティを変更すると、座標軸を見る視点が変わります。

カメラの向きは、カメラの位置とカメラのターゲットを直線でつないだ視点軸の方向になります。詳細は、「カメラ グラフィックス用語」を参照してください。

Projection'perspective' の場合は、CameraPosition を変更すると遠近の度合いも変わります。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってカメラの位置が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

データ型: single | double

CameraPositionModeCameraPosition の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

CameraPosition プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 関数 view から返される現在のビューで指定された方位角と仰角に従って、カメラがターゲットから一定の距離に固定されるように、CameraPosition の値を計算します。rotate3dzoompan などの関数は、対応するアクションを実行するためにこのモードを 'auto' に変更します。

  • 'manual' — 手動で指定した値を使用します。値を指定するには、CameraPosition プロパティを設定します。

次の表は、CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode の各プロパティのさまざまな値の組み合わせについて、対応するカメラの動作をまとめたものです。

CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode動作
'auto''auto''auto'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体をとらえるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'auto''auto''manual'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

'auto''manual''auto'

CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'auto''manual''manual'

CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

'manual''auto''auto'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'manual''auto''manual'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。

'manual''manual''auto'

CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'manual''manual''manual'

指定したカメラの値が使用されます。

CameraTargetカメラのターゲットとして使用する点[x y z] の書式の 3 要素ベクトル

カメラのターゲットとして使用する点。[x y z] の形式の 3 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、点の各軸の座標を定義します。カメラの向きは、カメラの位置とカメラのターゲットを直線でつないだ視点軸の方向になります。詳細は、「カメラ グラフィックス用語」を参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってカメラのターゲットの点が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

データ型: single | double

CameraTargetModeCameraTarget の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

CameraTarget プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — カメラのターゲットを座標軸のプロット ボックスの中央に設定します。

  • 'manual' — 手動で指定したカメラのターゲットの点を使用します。値を指定するには、CameraTarget プロパティを設定します。

次の表は、CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode の各プロパティのさまざまな値の組み合わせについて、対応するカメラの動作をまとめたものです。

CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode動作
'auto''auto''auto'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体をとらえるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'auto''auto''manual'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

'auto''manual''auto'

CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'auto''manual''manual'

CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

'manual''auto''auto'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'manual''auto''manual'

CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。

'manual''manual''auto'

CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

'manual''manual''manual'

指定したカメラの値が使用されます。

CameraUpVector上方向を定義するベクトル[0 1 0] (2 次元表示の既定値) | [0 0 1] (3 次元表示の既定値) | [x y z] の形式の 3 要素方向ベクトル

上方向を定義するベクトル。[x y z] の形式の 3 要素方向ベクトルとして指定します。詳細は、「カメラ グラフィックス用語」を参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってベクトル値が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

例: [sin(45) cos(45) 1]

CameraUpVectorModeCameraUpVector の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

CameraUpVector プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 3 次元の場合、z 軸の正の方向が上向きになるように [0 0 1] を使用します。2 次元の場合、y 軸の正の方向が上向きになるように [0 1 0] を使用します。

  • 'manual' — 上方向を定義する手動で指定したベクトルを使用します。値を指定するには、CameraUpVector プロパティを設定します。

CameraViewAngle視野6.6086 (既定値) | 角度を示す [0,180) の範囲のスカラー値

視野。角度を示す 0 より大きい 180 以下のスカラー値として指定します。カメラの視点角度は、座標軸内に表示されるグラフィックス オブジェクトの見掛けのサイズに影響を与えます。しかし、遠近の度合いには影響ありません。角度を大きくすると視野が広くなり、シーンに表示されるオブジェクトが小さく見えます。詳細は、「カメラ グラフィックス用語」を参照してください。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって視野の値が選択されます。このプロパティを設定した場合は、MATLAB のモードが 'manual' に設定されます。

例: 15

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

CameraViewAngleModeCameraViewAngle の選択モード'auto' (既定値) | 'manual'

CameraViewAngle プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — シーン全体を捉えるのに必要な最小角度 (180 度以下) が視野として選択されます。

  • 'manual' — 手動で指定した視野を使用します。値を指定するには、CameraViewAngle プロパティを設定します。

    次の表は、CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode の各プロパティのさまざまな値の組み合わせについて、対応するカメラの動作をまとめたものです。

    CameraViewAngleModeCameraTargetModeCameraPositionMode動作
    'auto''auto''auto'

    CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体をとらえるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

    'auto''auto''manual'

    CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

    'auto''manual''auto'

    CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

    'auto''manual''manual'

    CameraViewAngle は、シーン全体を捉えるように設定されます。

    'manual''auto''auto'

    CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

    'manual''auto''manual'

    CameraTarget は、プロット ボックスの中央に設定されます。

    'manual''manual''auto'

    CameraPosition は、視点軸に沿って設定されます。

    'manual''manual''manual'

    指定したカメラの値が使用されます。

View(旧式) 視点の方位角と仰角[0 90] (既定値) | [azimuth elevation] の形式の 2 要素ベクトル

視点の方位角と仰角。[azimuth elevation] の形式の 2 要素ベクトル (度単位) として指定します。

このプロパティは使用されなくなりました。代わりに CameraPositionCameraTargetCameraUpVectorCameraViewAngle の各プロパティを使用してください。

例: [45 45]

識別子

すべて折りたたむ

Typeグラフィックス オブジェクトのタイプ'axes'

このプロパティは読み取り専用です。

グラフィックス オブジェクトのタイプ。文字列 'axes' として返されます。

Tagaxes に関連付けるタグ'' (既定値) | 任意の文字列

axes に関連付けるタグ。文字列として指定します。タグはグラフィックス オブジェクトを識別する手段を提供します。プロット階層内にある特定のタグをもつすべてのオブジェクトを検出するためにこのプロパティを使用できます。たとえば findobj を使用してタグを検索します。

例: 'January Data'

UserDataaxes に関連付けるデータ[] (既定値) | スカラー、ベクトルまたは行列 | セル配列 | 文字配列 | テーブル | 構造体

axes オブジェクトに関連付けるデータ。スカラー、ベクトル、行列、セル配列、文字配列、テーブルまたは構造体として指定します。MATLAB はこのデータを使用しません。

複数のデータセットを関連付ける場合またはデータにフィールド名を付加する場合は、関数 getappdata および setappdata を使用します。

例: 1:100

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct | table | cell

親/子

すべて折りたたむ

Parentaxes の親figure オブジェクト | uipanel オブジェクト

axes の親。figure オブジェクトまたは uipanel オブジェクトとして指定します。

Childrenaxes の子空の GraphicsPlaceholder 配列 | グラフィックス オブジェクトの配列

axes の子。グラフィックス オブジェクトの配列として返されます。このプロパティは、子のリストの参照や子の並べ替えに使用します。子を並べ替えるには、このプロパティ自体で値の順序を並べ替えます。

axes の Children プロパティを使用して子の追加や削除を行うことはできません。このリストに子を追加するには、子グラフィックス オブジェクトの Parent プロパティにこの axes オブジェクトを設定します。

HandleVisibilityオブジェクト ハンドルの可視性'on' (既定値) | 'off' | 'callback'

親の Children プロパティ内でのオブジェクト ハンドルの可視性。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — axes オブジェクトをリストします。

  • 'off' — axes オブジェクトをリストしません。このオプションは、GUI に影響を与える可能性がある (ユーザーの入力した文字列を評価するような) 関数をコールバックが実行する際にオブジェクト ハンドルを隠すために使用します。

  • 'callback' — コールバックまたはコールバックによって呼び出される関数に関して、親の Children プロパティ内に axes オブジェクトをリストしますが、コマンド ラインから呼び出される関数内ではリストしません。このオプションは、コマンド ライン ユーザーから GUI を保護する一方で、コールバックがオブジェクトにアクセスできるようにするために使用します。

axes オブジェクトが親の Children プロパティ内にリストされない場合、オブジェクト階層の検索またはハンドル プロパティのクエリによってオブジェクト ハンドルを取得する関数は、そのオブジェクト ハンドルを返しません。このような関数には、getfindobjgcagcfgconewplotclaclfclose があります。

非表示のオブジェクト ハンドルは有効なままです。ルートの ShowHiddenHandles プロパティを 'on' に設定すると、HandleVisibility プロパティの設定にかかわらず、すべてのオブジェクト ハンドルがリストされます。

対話制御

すべて折りたたむ

CurrentPointマウスが最後にクリックされた位置2 行 3 列の配列

マウスが最後にクリックされた位置。座標軸の座標系の値からなる 2 行 3 列の配列として指定します。CurrentPoint プロパティには、マウスが最後にクリックされたポインターの位置で決まる 2 つの点の、要求された座標軸に対応する座標が格納されます。

直行投影で座標軸内をクリックした場合、これらの 2 つの点は、画面の座標平面に垂直で、ポインターの位置を通る線上に存在します。これは、2 次元と表示 3 次元表示の両方に適用されます。

3 次元座標は、x 軸、y 軸、z 軸の範囲で定義された直方体の前面と背面が交差する線上にある点の座標です。

次の型の行列が返されます。

[xfront yfront zfront
 xback  yback  zback]

最初の行は、カメラの位置に最も近い点を定義します。2 番目の行は、カメラの位置から最も離れた点を指定します。

直行投影で Figure 内の座標軸の外側をクリックした場合は、次の値が返されます。

  • バック ポイント — カメラのターゲットの平面 (視点軸に対して垂直) にある点

  • フロント ポイント — カメラ位置の平面 (視点軸に対して垂直) にある点

これらの点は、ポインターを通る線上にあり、カメラの目標およびカメラ位置の平面に対して垂直です。

遠近法を使用する場合は、座標軸で囲まれる直方体の形が異なるので、同じ点を直行投影した場合と座標が異なることがあります。

直交投影で座標軸で囲まれる直方体の外側をクリックすると、常に、フロント ポイントが現在のカメラ位置として返されます。バック ポイントだけが、カメラ位置からポインターを通り、カメラのターゲットと交差する線上にある点の座標に更新されます。

関連情報については、座標軸の ProjectionCameraPositionCameraTarget の各プロパティを参照してください。また、Figure の CurrentPoint プロパティも参照してください。

ButtonDownFcnマウスクリック コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

マウスクリック コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

axes をクリックしたときにコードを実行するためにこのプロパティを使用します。関数ハンドルを使用してこのプロパティを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • axes オブジェクト — コールバック関数内で axes オブジェクトのプロパティにアクセスできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

    メモ:   PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコールバックは実行されません。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

UIContextMenuコンテキスト メニューuicontextmenu オブジェクト

uicontextmenu オブジェクトとして指定されるコンテキスト メニュー。axes を右クリックしたときにコンテキスト メニューを表示するためにこのプロパティを使用します。関数 uicontextmenu を使用して、コンテキスト メニューを作成します。

    メモ:   PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコンテキスト メニューは表示されません。

Selected選択状態'off' (既定値) | 'on'

選択状態。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — 選択されています。プロット編集モードで axes をクリックした場合、MATLAB は Selected プロパティを 'on' に設定します。SelectionHighlight プロパティも 'on' に設定されている場合、MATLAB は axes の周囲の選択ハンドルを表示します。

  • 'off' — 選択されていません。

SelectionHighlight選択時に選択ハンドルを表示'on' (既定値) | 'off'

選択時に選択ハンドルを表示。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on'Selected プロパティが 'on' に設定されているときに選択ハンドルを表示します。

  • 'off'Selected プロパティが 'on' に設定されている場合でも選択ハンドルを表示しません。

コールバック実行制御

すべて折りたたむ

PickablePartsマウス クリック キャプチャ機能'visible' (既定値) | 'all' | 'none'

マウス クリック キャプチャ機能。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'visible' — 表示されている場合にのみマウス クリックをキャプチャできます。Visible プロパティは、'on' に設定しなければなりません。axes や先祖がクリックに応答するかどうかについては、HitTest プロパティが決定します。

  • 'all' — 表示状態に関係なくマウス クリックをキャプチャできます。Visible プロパティは 'on' または 'off' に設定できます。axes や先祖がクリックに応答するかどうかについては、HitTest プロパティが決定します。

  • 'none' — マウス クリックをキャプチャしません。axes をクリックすると、Figure ウィンドウの現在のビュー内でその下にあるオブジェクト (通常は座標軸または Figure) にクリックが渡されます。HitTest プロパティは無効になります。

クリック可能にしない他のオブジェクトの下にあるオブジェクトをクリック可能にする場合は、他のオブジェクトをクリックが通過するように、それらのオブジェクトの PickableParts プロパティを 'none' に設定します。

HitTestキャプチャしたマウス クリックへの応答'on' (既定値) | 'off'

キャプチャしたマウス クリックへの応答。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — axes の ButtonDownFcn コールバックをトリガーします。UIContextMenu プロパティが定義されている場合は、コンテキスト メニューを呼び出します。

  • 'off''on' に設定された HitTest プロパティおよび先祖のマウス クリックをキャプチャできる PickableParts プロパティ値をもつ、最も近い axes の先祖のコールバックをトリガーします。

    メモ:   PickableParts プロパティは axes オブジェクトがマウス クリックをキャプチャ可能かどうかを決定します。キャプチャできない場合、HitTest プロパティは無効です。

Interruptibleコールバックの割り込み'on' (既定値) | 'off'

コールバックの割り込み。'on' または 'off' として指定します。Interruptible プロパティは実行中のコールバックが割り込み可能かどうかを決定します。

    メモ:   次の 2 つのコールバックの状態について考慮する必要があります。

    • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

    • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

    MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込み可能かどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

axes の ButtonDownFcn コールバックが実行中のコールバックである場合、Interruptible プロパティは別のコールバックが割り込むことができるかどうかを決定します。

  • 'on' — 割り込み可能です。drawnowfiguregetframewaitforpause コマンドなどの、MATLAB が次にキューを処理するポイントで割り込みが発生します。

    • 実行中のコールバックにこれらいずれかのコマンドが含まれている場合、MATLAB はその場所でコールバックの実行を停止し、割り込みコールバックを実行します。割り込みコールバックが完了したときに MATLAB は実行中だったコールバックの実行を再開します。詳細は、「コールバック実行の中断」を参照してください。

    • 実行中のコールバックにこれらのコマンドが含まれていない場合、MATLAB はそのコールバックの実行を中断せずに終了させます。

  • 'off' — 割り込みできません。MATLAB は割り込みさせずに実行中のコールバックを終了させます。

BusyActionコールバック キューイング'queue' (既定値) | 'cancel'

コールバック キューイング。'queue' または 'cancel' として指定します。BusyAction プロパティは MATLAB による割り込みコールバックの実行の処理方法を決定します。

    メモ:   次の 2 つのコールバックの状態について考慮する必要があります。

    • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

    • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

    MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込み可能かどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

axes の ButtonDownFcn コールバックが割り込み不能な実行中のコールバックに割り込もうとしている場合、BusyAction プロパティはそのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。BusyAction プロパティは次の値の 1 つとして指定します。

  • 'queue' — 割り込みコールバックをキューに入れ、実行中のコールバックが終了した後に処理されるようにします。これは既定の動作です。

  • 'cancel' — 割り込みコールバックを破棄します。

作成と削除の制御

すべて折りたたむ

CreateFcn作成コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

作成コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

axes の作成時にコードを実行するためにこのプロパティを使用します。既存の axes に CreateFcn プロパティを設定しても効果はありません。このプロパティの既定値を定義するか、axes の作成中に Name,Value ペアを使用してこのプロパティを定義しなければなりません。MATLAB は axes を作成し、そのプロパティをすべて設定した後でコールバックを実行します。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • axes オブジェクト — コールバック関数内で axes オブジェクトのプロパティにアクセスできます。ルートの CallbackObject プロパティを介して axes オブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

DeleteFcn削除コールバック'' (既定値) | 関数ハンドル | セル配列 | 文字列

削除コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含むセル配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは関数の文字列 (推奨されません)

axes の削除時にコードを実行するためにこのプロパティを使用します。MATLAB は axes を破棄する前にコールバックを実行するため、コールバックはそのプロパティ値にアクセスできます。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • axes オブジェクト — コールバック関数内で axes オブジェクトのプロパティにアクセスできます。ルートの CallbackObject プロパティを介して axes オブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — このプロパティに関してはこの引数は空です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、「コールバック定義」を参照してください。

例: @myCallback

例: {@myCallback,arg3}

BeingDeletedaxes の削除状態'off' (既定値) | 'on'

このプロパティは読み取り専用です。

axes の削除状態。'on' または 'off' として返されます。MATLAB は axes の削除関数が実行を開始したときに BeingDeleted プロパティを 'on' に設定します (DeleteFcn プロパティを参照してください)。axes が存在しなくなるまで BeingDeleted プロパティは 'on' に設定されたままです。

クエリや変更の前に axes が削除されようとしていないか確認するために BeingDeleted プロパティの値をチェックします。

この情報は役に立ちましたか?