ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

get

audioplayer オブジェクトのプロパティ値のクエリ

構文

Value = get(obj,Name)
Values = get(obj,{Name1,...,NameN})
Values = get(obj)
get(obj)

説明

Value = get(obj,Name)obj オブジェクトについて指定されているプロパティの値を返します。

Values = get(obj,{Name1,...,NameN}) は 1 行 N 列のセル配列で指定されているプロパティの値を返します。

Values = get(obj)obj のすべてのプロパティの値を含むスカラー構造体を返します。各フィールド名は、プロパティ名に対応します。

get(obj) はすべてのプロパティ名とその現在の値を表示します。

サンプル ファイル handel.mat から audioplayer オブジェクトを作成し、オブジェクト プロパティをクエリします。

load handel.mat;
handelObj = audioplayer(y, Fs);

% Display all properties.
get(handelObj)

% Display only the SampleRate property.
get(handelObj, 'SampleRate')

% Create a cell array that contains
% values for two properties.
info = get(handelObj, {'BitsPerSample', 'NumberOfChannels'});

代替方法

1 つのプロパティにアクセスするには、ドット表記を使用します。各プロパティを、構造体配列のフィールドであるかのように参照します。たとえば、上記の例で作成した handelObj オブジェクトの TotalSamples プロパティの値を検出します。

numSamples = handelObj.TotalSamples;

このコマンドは以下と同等です。

numSamples = get(handelObj, 'TotalSamples');
この情報は役に立ちましたか?