ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

audiodevinfo

オーディオ デバイスに関する情報

構文

  • info = audiodevinfo
  • nDevices = audiodevinfo(IO)
  • name = audiodevinfo(IO,ID)
  • DriverVersion = audiodevinfo(IO,ID,'DriverVersion')
  • support = audiodevinfo(IO,ID,Fs,nBits,nChannels)
  • ID = audiodevinfo(IO,name)
  • ID = audiodevinfo(IO,Fs,nBits,nChannels)

説明

info = audiodevinfo は、システム上の入力および出力オーディオ デバイスに関する情報を返します。

nDevices = audiodevinfo(IO) は、IO1 の場合はシステム上の入力デバイスの数を返し、IO0 の場合はシステム上の出力デバイスの数を返します。

name = audiodevinfo(IO,ID) は、デバイス識別子 ID で指定されたオーディオ デバイスの名前を返します。

DriverVersion = audiodevinfo(IO,ID,'DriverVersion') は、ID で指定されたオーディオ デバイスのドライバーの名前を返します。

support = audiodevinfo(IO,ID,Fs,nBits,nChannels) は、ID で指定された入力または出力オーディオ デバイスが、FsnBitsnChannels の値でそれぞれ指定されたサンプルレート、ビット数、チャンネル数をサポートする場合、1 を返します。それ以外は、support0 になります。

ID = audiodevinfo(IO,name) は、デバイス名 name で識別される入力または出力オーディオ デバイスのデバイス識別子を返します。指定された名前のデバイスが見つからない場合、ID-1 になります。

ID = audiodevinfo(IO,Fs,nBits,nChannels) は、FsnBitsnChannels の値でそれぞれ指定されたサンプルレート、ビット数、チャンネル数をサポートする最初の入力または出力デバイスのデバイス識別子を返します。サポートするデバイスが見つからない場合は、ID-1 になります。

すべて展開する

オーディオ デバイスの情報の表示

入力を指定せずに audiodevinfo を呼び出して、システム上の入力または出力オーディオ デバイスに関する情報を表示します。

info = audiodevinfo
info = 

     input: [1x2 struct]
    output: [1x3 struct]

audiodevinfo は、inputoutput の 2 つのフィールドを含む構造体を返します。

変数エディターで input フィールドの内容を表示します。

openvar info.input

変数エディターには、入力オーディオ デバイス名、使用されたドライバーおよびデバイス識別子が表示されます。お使いのシステムの値は、この例とは異なることがあります。

出力デバイス数の表示

出力を示す IO の値 0 を使用して、システム上の出力オーディオ デバイスの数を表示します。

nDevices = audiodevinfo(0)
nDevices =

     3

この例では 3 つの出力デバイスを示していますが、お使いのシステムとは異なる場合があります。

入力デバイスのサポートのチェック

ID0 で識別される入力オーディオ デバイスが、サンプル レート 44100 Hz、16 ビット サンプリング、2 チャンネルをサポートしているかどうかをチェックします。

support = audiodevinfo(1,0,44100,16,2)
support =

     1

この入力デバイスは、指定されたサンプルレート、ビット数およびチャンネル数をサポートします。

入力引数

すべて展開する

IO — 入力または出力デバイス1 | 0

入力または出力デバイス。入力を示す場合は 1、出力を示す場合は 0 として指定する。

ID — オーディオ デバイス識別子整数

整数として指定する、オーディオ デバイス識別子。デバイスは、入力または出力オーディオ デバイスです。

Fs — サンプルレートスカラー

正のスカラーとして指定するサンプルレート (Hz)。

例: 44100

データ型: single | double

nBits — サンプルごとのビット数スカラー

スカラーとして指定する、サンプルごとのビット数。

例: 16

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

nChannels — オーディオ チャンネル数1 | 2

1 (モノラル) または 2 (ステレオ) として指定するオーディオ チャンネルの数。

name — 入力または出力デバイスの名前文字列

文字列として指定する、入力または出力オーディオ デバイスの名前。

データ型: char

出力引数

すべて展開する

info — オーディオ デバイスに関する情報構造体配列

inputoutput の 2 つのフィールドを含む構造体配列として返される、オーディオ デバイスに関する情報。各フィールドは、構造体からなる配列であり、それぞれの構造体はシステム上のオーディオ入力または出力デバイスのいずれかに関する情報を含みます。個々のデバイス構造体フィールドは、次のとおりです。

  • Name — 文字列として返される、デバイスの名前。

  • DriverVersion — 文字列として返される、デバイスとの通信に使用されるドライバーの名前。

  • ID — スカラーとして返される、デバイス識別子。

この情報は役に立ちましたか?