ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

area

2 次元プロットの塗りつぶし領域

構文

area(Y)
area(X,Y)
area(...,basevalue)
area(...,'PropertyName',PropertyValue,...)
area(axes_handle,...)
h = area(...)

説明

面積グラフは、Y の要素により 1 つまたは複数の曲線を表し、各曲線の下の面積を塗りつぶします。Y が行列のとき、曲線がスタックされ、各 x 間隔の曲線の合計高さに関する各行要素の相対的寄与率が示されます。

area(Y) は、ベクトル Y をプロットするか、行列 Y の各列を別個の曲線としてプロットし、曲線をスタックします。x 軸は、1:size(Y,1) に合わせて自動的にスケールされます。

area(X,Y)XY、および area(X,Y) ベクトルは、0Y 間の領域が塗りつぶされるという点を除き、plot(X,Y) と同じです。Y が行列の場合、area(X,Y) は、塗りつぶし領域として Y の列をプロットします。各 X に対して、結果は、Y の行の対応する値の合計です。

X がベクトルの場合、length(X)length(Y) と同じでなければなりません。X が行列の場合、size(X)size(Y) と同じでなければなりません。

area(...,basevalue) は、塗りつぶし領域の基本値を指定します。既定の basevalue0 です。

area(...,'PropertyName',PropertyValue,...) は、コマンド area により作成される Patch グラフィックス オブジェクトに関するプロパティの名前と値のペアを設定します。

area(axes_handle,...) は、現在の Axes (関数 gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ Axes にプロットします。

h = area(...) は、area グラフィックス オブジェクトのハンドルを返します。

mn 列の行列の面積グラフを作成すると、n 個の Area オブジェクト (つまり、1 列に 1 つ) が作成されます。1 行 n 列のベクトルは、1 つの Area オブジェクトを作成します。

個々の Area オブジェクトに設定するいくつかの Area オブジェクト プロパティは、グラフのすべての Area オブジェクトの値を設定します。具体的なプロパティについては、Area のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

面積グラフの作成

行列 Y のデータを面積グラフとしてプロットします。

Y = [1, 5, 3;
     3, 2, 7;
     1, 5, 3;
     2, 6, 1];
figure
area(Y)

面積グラフの基本値の調整

既定の設定では、areay 軸を基本値として使用します。基本値を変更するには、basevalue 入力引数を -4 に設定します。

Y = [1, 5, 3;
     3, 2, 7;
     1, 5, 3;
     2, 6, 1];
figure
basevalue = -4;
area(Y,basevalue)

領域プロットの色とライン スタイルの指定

Y の領域にプロットを作成し、点線スタイルを使用します。3 つの Area オブジェクト ハンドルを配列 h に保存します。area は、Y の各列に 1 つの Area オブジェクトを作成します。

Y = [1, 5, 3;
     3, 2, 7;
     1, 5, 3;
     2, 6, 1];

figure
h = area(Y,'LineStyle',':');

グラフの色を変更するには、Area オブジェクトの FaceColor プロパティを RGB カラー値に設定します。

h(1).FaceColor = [0,0.25,0.25];
h(2).FaceColor = [0,0.5,0.5];
h(3).FaceColor = [0,0.75,0.75];

参考

MATLAB 関数

プロパティ

この情報は役に立ちましたか?