ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Annotation Text Arrow のプロパティ

注釈テキスト付き矢印の外観と動作の制御

注釈テキスト付き矢印プロパティは、テキスト付き矢印の annotation オブジェクトの外観と動作を制御するプロパティです。プロパティの値を変更することによって、テキスト付き矢印の対応する特性を変更できます。ドット表記を使用して、特定のオブジェクトとプロパティを参照します。

h = annotation('textarrow');
s = h.FontSize;
h.FontSize = 12;

テキスト

すべて折りたたむ

String表示するテキスト'' (既定値) | 文字配列 | セル配列 | 数値

表示するテキスト。文字配列、セル配列または数値として指定します。

例: 'my label'

例: {'first line','second line'}

例: 123

テキストに数値変数を含めるには、関数 num2str を使用します。次に例を示します。

x = 42;
str = ['The value is',num2str(x)']

上付き文字、下付き文字、ギリシャ文字、数学記号などの特殊文字を含めるには、TeX マークアップを使用します。サポートされるマークアップの一覧については、Interpreter プロパティを参照してください。

複数行のテキストを作成する方法は次のとおりです。

  • セル配列を使用して、{'first line','second line'} のように、各セルにテキストを 1 行ずつ含めます。

  • 文字配列を使用して、['abc'; 'ab ']. のように、各行に同じ数の文字を含めます。

  • sprintf を使用して、sprintf('first line \n second line') のように、改行文字を含む文字列を作成します。このプロパティで指定した改行文字を含む文字列はセル配列に変換されます。

    メモ:   defaultfactory および remove という語は予約語で、通常の文字列として引用されている場合はテキストに表示されません。これらの語を個別に表示するには、'\default' または '\remove' のように、その語の前にバックスラッシュを付けます。

Interpreterテキスト文字の解釈'tex' (既定値) | 'latex' | 'none'

テキスト文字の解釈。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用してテキスト文字列を解釈します。これは既定値です。

  • 'latex' — LaTeX マークアップを使用してテキスト文字列を解釈します。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB® では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字を追加する、テキストのタイプや色を変更する、テキスト文字列に特殊文字を含めることができます。

次の表に、Interpreter プロパティを 'tex' に設定した場合のサポートされる修飾子を示します。修飾子の効果は文字列の末尾まで適用されます。ただし、上付き文字と下付き文字は例外で、次の文字または中かっこ {} で囲まれたテキストにのみ適用されます。

修飾子説明文字列の例
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }添字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (通常はイタリック フォントと同じ)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}フォント名 — specifier でフォント ファミリの名前を指定します。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}フォント サイズ — specifier でスカラー数値を指定してフォント サイズを変更します。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}フォントの色 — specifer で色を指定します。redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue を指定できます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}独自のフォントの色 — specifier で RGB の 3 要素を指定します。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、インタープリターを 'tex' に設定した場合のサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

Φ

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ɛ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

Θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、Interpreter プロパティを 'latex' に設定します。テキストは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示され、FontNameFontWeightFontAngle のプロパティは無視されます。フォント スタイルを変更するには、テキスト文字列内で LaTeX マークアップを使用します。

LaTeX インタープリターで使用できる文字列の最大サイズは 1200 文字です。複数行の文字列の場合は、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムについての詳細は、LaTeX プロジェクトの Web サイト (http://www.latex-project.org/) を参照してください。

TextColorテキストの色[0 0 0] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

テキストの色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。既定の RGB の 3 要素の値 [0 0 0] は、黒に相当します。色を 'none' に設定した場合、テキストは透明になります。

    メモ:   Color プロパティを設定すると、TextColor プロパティを明示的に設定している場合を除き、TextColor プロパティも同じ値に変更されます。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

TextRotationテキストの回転角度0 (既定値) | スカラー数値

テキストの回転角度。スカラー数値として指定します。このプロパティを正の値に設定すると、テキストが反時計回りに回転します。角度は絶対値で、前の回転からの相対角度ではありません。回転角度 0 度は常に水平です。

例: 90

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

フォント スタイル

すべて折りたたむ

FontAngle文字の傾斜'normal' (既定値) | 'italic'

文字の傾斜。'normal' または 'italic' として指定します。すべてのフォントに両方のフォント スタイルがあるとは限りません。そのため、イタリック フォントを指定しても標準フォントと変わらない場合があります。

    メモ:   値 'oblique' は削除されました。代わりに 'italic' を使用してください。

FontNameフォント名'Helvetica' (既定値) | 'FixedWidth' | システムでサポートされているフォントの名前

フォント名。使用するフォントの名前か文字列 'FixedWidth' を指定します。適切に表示および印刷するには、フォント名はユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。

どのロケールでもテキストが整って見えるように、固定幅のフォントを使用する場合は、大文字と小文字が区別される文字列 'FixedWidth' を使用します。これは、固定幅のフォントの名前をハード コードするために必要な処理を無視します。そのため、ASCII 文字エンコードを使用しないシステム上で、適切にテキスト プロパティを表示できない場合があります。値 'FixedWidth' はルートの FixedWidthFontName プロパティに依存します。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、新規フォントを使用して表示したものをすぐに更新することになります。

例: 'Cambria'

FontSizeフォント サイズ10 (既定値) | 0 より大きいスカラー値

フォント サイズ。ポイント単位の 0 より大きいスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。フォントの単位を変更するには、FontUnits プロパティを使用します。

例: 12

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

FontUnitsフォント サイズの単位'points' (既定値) | 'inches' | 'centimeters' | 'characters' | 'normalized' | 'pixels'

フォント サイズの単位。次の表のいずれかの値を指定します。

Units説明
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 文字単位の幅は文字 x の幅で、1 文字単位の高さはテキストの 2 行のベースライン間の距離です。
'normalized'座標軸の高さに対する割合と解釈されます。座標軸のサイズを変更すると、それに応じたフォント サイズに MATLAB によって変更されます。たとえば、FontSize が正規化された単位の 0.1 である場合、テキストは座標軸の高さの 1/10 になります。
'pixels'ピクセル。ピクセルのサイズは画面の解像度に依存します。

1 回の関数呼び出しでフォント サイズとフォントの単位の両方を設定する場合は、指定したフォント サイズが正しく解釈されるように、先に FontUnits プロパティを設定しなければなりません。

FontWeightテキスト文字の太さ'normal' (既定値) | 'bold'

テキスト文字の太さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'normal' — 各フォントで定義されている既定の太さ

  • 'bold' — 標準よりも太い文字

MATLAB ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字フォントがあるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

    メモ:   フォントの太さの値 'light' および 'demi' は削除されました。代わりに 'normal' を使用してください。

テキスト ボックス

すべて折りたたむ

TextLineWidthテキスト ボックスの外枠の幅0.5 (既定値) | スカラー数値

テキスト ボックスの外枠の幅。ポイント単位のスカラー数値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

例: 1.5

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

TextEdgeColorテキスト ボックスの外枠の色'none' (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列

テキスト ボックスの外枠の色。'none'、RGB の 3 要素または色文字列として指定します。色が 'none' の場合、ボックスの外枠は透明になります。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

TextBackgroundColorテキスト ボックスの背景色'none' (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列

テキスト ボックスの背景色。'none'、RGB の 3 要素または色文字列として指定します。色が 'none' の場合、背景色は透明になります。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

TextMarginテキスト ボックス内のテキスト周囲の余白2 (既定値) | スカラー数値

テキスト ボックス内のテキスト周囲の余白。ピクセル単位のスカラー数値として指定します。

例: 10

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

矢印の外観

すべて折りたたむ

Color矢印の色[0 0 0] (既定値) | RGB の 3 要素 | 色文字列 | 'none'

矢印の色。RGB の 3 要素、色文字列または 'none' として指定します。既定の RGB の 3 要素の値 [0 0 0] は、黒に相当します。色を 'none' に設定した場合、矢印は透明になります。

    メモ:   このプロパティを設定すると、TextColor プロパティを使用してテキストの色を明示的に設定している場合を除き、テキストの色も変更されます。

RGB の 3 要素は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、等価な色文字列をもつ RGB の 3 要素の値を示します。

完全名省略名RGB の 3 要素
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black'k'[0 0 0]

例: 'blue'

例: [0 0 1]

LineStyleライン スタイル'-' (既定値) | '--' | ':' | '-.' | 'none'

ライン スタイル。次の表のライン スタイル文字列の 1 つとして指定します。

文字列ライン スタイル結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

LineWidth矢印の軸の幅0.5 (既定値) | スカラー数値

矢印の軸の幅。ポイント単位の 0 より大きいスカラー数値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。既定値は 0.5 ポイントです。

例: 0.75

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

HeadStyle矢じりのスタイル'vback2' (既定値) | 矢じりスタイル文字列

矢じりのスタイル。次の表の矢じりスタイル文字列のいずれかとして指定します。

文字列結果文字列結果
'plain'

'fourstar'

'ellipse'

'rectangle'

'vback1'

'diamond'

'vback2' (既定)

'rose'

'vback3'

'hypocycloid'

'cback1'

'astroid'

'cback2'

'deltoid'

'cback3'

'none'矢じりなし

HeadLength矢じりの長さ10 (既定値) | スカラー数値

矢じりの長さ。ポイント単位のスカラー数値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

例: 15

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

HeadWidth矢じりの幅10 (既定値) | スカラー数値

矢じりの幅。ポイント単位のスカラー数値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

例: 15

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

位置とサイズ

すべて折りたたむ

X始点と終点の x 座標[0.3 0.4] (既定値) | 2 要素ベクトル

矢印の始点と終点の x 座標。[x_begin x_end] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

既定では、単位は Figure を基準に正規化されます。Figure の左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。単位を変更するには、Units プロパティを使用します。

例: [0.2 0.3]

Y始点と終点の y 座標[0.3 0.4] (既定値) | 2 要素ベクトル

矢印の始点と終点の y 座標。[y_begin y_end] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

既定では、単位は Figure を基準に正規化されます。Figure の左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。単位を変更するには、Units プロパティを使用します。

例: [0.2 0.3]

Positionサイズと位置[0.3 0.3 0.1 0.1] (既定値) | 4 要素ベクトル

サイズと位置。[x_begin y_begin length height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。最初の 2 つの要素で矢印の始点の座標を指定します。次の 2 つの要素で矢印の長さと高さを指定します。テキスト ボックスは矢印の始点から始まります。

既定では、単位は Figure を基準に正規化されます。Figure の左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。単位を変更するには、Units プロパティを使用します。

例: [0.2 0.2 0.3 0.1]

Units位置の単位'normalized' (既定値) | 'inches' | 'centimeters' | 'characters' | 'points' | 'pixels'

位置の単位。次の表のいずれかの値を指定します。

Units説明
'normalized' (既定)Figure を基準に正規化されます。Figure の左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 文字単位の幅は文字 x の幅で、1 文字単位の高さはテキストの 2 行のベースライン間の距離です。
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'pixels'ピクセル。ピクセルのサイズは画面の解像度に依存します。

すべての単位は、Figure ウィンドウの左下隅から測定されます。

このプロパティは Position プロパティに影響します。単位を変更した場合、Units の設定値が既定値であることを前提としている他の関数に影響を及ぼさないように、計算終了後に元の既定値に戻すことを推奨します。

annotation text arrow の作成時に Position プロパティと Units プロパティを Name,Value のペアとして指定する場合は、指定する順序に注意が必要です。特定の単位で位置を定義するには、Units プロパティを設定してから Position プロパティを設定しなければなりません。

HorizontalAlignmentテキストの水平方向の配置'left' (既定値) | 'center' | 'right'

テキストの水平方向の配置。次の表のいずれかの値を指定します。このプロパティは複数のテキスト行を整列する場合に便利です。

結果
'left'

'center'

'right'

VerticalAlignment矢印に対するテキストの垂直方向の配置'top' (既定値) | 'cap' | 'middle' | 'baseline' | 'bottom'

矢印の終端を基準とするテキストの垂直方向の配置。'top''cap''middle''baseline''bottom' として指定します。

この情報は役に立ちましたか?