ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

alim

座標軸のアルファ値の範囲を設定またはクエリ

構文

alpha_limits = alim
alim([amin amax])
alim_mode = alim('mode')
alim('alim_mode')
alim(axes_handle,...)

説明

alpha_limits = alim は、現在の座標軸のアルファ値の範囲 (ALim プロパティ) を返します。

alim([amin amax]) は、アルファ値の範囲を指定した値に設定します。amin は alphamap の最初のアルファ値にマッピングするデータの値で、amax は alphamap の最後のアルファ値にマッピングするデータの値です。これらの間の値は線形内挿され、範囲外の値は alphamap の最初と最後のいずれか近い方に設定されます。

alim_mode = alim('mode') は、現在の座標軸のアルファ値の範囲モード (ALimMode プロパティ) を返します。

alim('alim_mode') は、現在の Axes 上にアルファ値の範囲モードを設定します。alim_mode は、以下の値を設定できます。

  • auto — MATLAB® は、座標軸上のオブジェクトのアルファ データに基づきアルファ値の範囲を自動的に設定します。

  • manual — MATLAB は、アルファ値の範囲の変更を行いません。

alim(axes_handle,...) は、指定された座標軸に作用します。

z データの表面プロットに透明度をマッピングし、alim プロパティを変更して、すべての値をゼロ未満の透明度にします。

[x,y] = meshgrid([-2:.2:2]);
z = x.*exp(-x.^2-y.^2);
% Plot the data, using the gradient of z as 
% the alphamap:
surf(x,y,z+.001,'FaceAlpha','flat',...
'AlphaDataMapping','scaled',...
'AlphaData',gradient(z),...
'FaceColor','blue');
axis tight
% Adjust the alim property to see only where
% the gradient is between 0 and 0.15:
alim([0 .15])

参考

関数

プロパティ

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?