ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

actxcontrolselect

UI から Microsoft ActiveX コントロールを作成

構文

h = actxcontrolselect
[h, info] = actxcontrolselect

説明

h = actxcontrolselect は、システムにインストールされているすべての ActiveX® コントロールをリストする UI を表示し、リストから選択されたコントロールを作成します。この関数は、オブジェクトのハンドル h を返します。このハンドルは、MATLAB® COM 関数を呼び出すときにこのコントロールを識別するために使用します。

[h, info] = actxcontrolselect は、コントロールの名前、プログラム識別子 (ProgID)、ファイル名を含む 13 列のセル配列 info を返します。

COM 関数は、Microsoft® Windows® システムでのみ使用可能です。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?