ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

abs

絶対値と複素数の大きさ

構文

説明

Y = abs(X) は、配列 X の各要素の絶対値を返します。

X が複素数の場合、abs(X)複素数の大きさを返します。

すべて折りたたむ

スカラーの絶対値

y = abs(-5)
y =

     5

ベクトルの絶対値

実数値の数値ベクトルを作成します。

x = [1.3 -3.56 8.23 -5 -0.01]'
x =

    1.3000
   -3.5600
    8.2300
   -5.0000
   -0.0100

ベクトルの要素の絶対値を求めます。

y = abs(x)
y =

    1.3000
    3.5600
    8.2300
    5.0000
    0.0100

複素数の大きさ

y = abs(3+4i)
y =

     5

入力引数

すべて折りたたむ

X — 入力配列スカラー | ベクトル | 行列 | 多次元配列

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。X には single 配列、double 配列、符号付き整数配列または duration 配列を指定できます。出力配列のサイズとデータ型は入力配列と同じになります。

複素数のサポート: はい

詳細

すべて折りたたむ

絶対値

実数の絶対値 (係数) は、符号を除いた非負の対応する値です。

実数 a の絶対値は次のようになります。

  • a が 0 以上の場合は a

  • a が 0 未満の場合は -a

abs(-0)0 を返します。

複素数の大きさ

複素数の大きさ (係数) は、複素平面にプロットされた原点から複素数値までのベクトル長です。

複素数値 |a+bi|a2+b2 と定義されます。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?