ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MEX ファイル関数の呼び出し

MATLAB® からの MEX ファイル関数の呼び出し

MEX ファイルは MATLAB で作成される関数であり、C、C++ または Fortran のサブルーチンを呼び出します。MEX ファイルを呼び出すには、拡張子なしのファイル名を使用します。MEX ファイルには関数またはサブルーチンが 1 つだけ含まれ、その名前が MEX ファイルの名前となります。ファイルは MATLAB パス上になければなりません。

関数

mexext バイナリ MEX ファイル名の拡張子
inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前

例および操作のヒント

MEX ファイルのビルド

この例では、サンプルの MEX ファイル timestwo をビルドする方法を説明します。

概念

MEX ファイルの使用

バイナリ MEX ファイルは、C/C++ または Fortran のソース コードから生成されたサブルーチンです。

MEX ファイルの配置

MATLAB パス上のフォルダーに MEX ファイルを配置します。

他のユーザーから受け取った MEX ファイルの実行

MEX ファイルを呼び出すには、MATLAB パス上にファイルを配置します。

トラブルシューティング

バージョン互換性

最適な結果を得るには、MATLAB のバージョンが、MEX ファイルの作成に使用したバージョンと同じでなければなりません。

プラットフォーム互換性

別のソースからバイナリ MEX ファイルを取得する場合は、そのファイルが、ファイルを実行するプラットフォーム用にコンパイルされていることを確認してください。

無効な MEX ファイル エラー

MEX ファイルで参照されるすべての .dll ファイルが MATLAB で見つからない場合、その MEX ファイルを読み込むことはできません。

この情報は役に立ちましたか?