ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メモリ マッピング

アクセス高速化のためのメモリへのファイル データのマッピング

メモリ マッピングは、ディスク上のファイル、またはその一部を、アプリケーションのアドレス空間内の一定のアドレス範囲にマッピングする方法です。大規模なファイルにランダムにアクセスする場合や小規模なファイルに頻繁にアクセスする場合は、メモリ マッピングを使用します。さらに、メモリ マッピングでは、標準の MATLAB® のインデックス操作を使用してファイル データにアクセスできます。詳細は、メモリ マッピングの概要を参照してください。

関数

memmapfile ファイルに対するメモリ マップの作成

例および操作のヒント

ファイルからメモリへのマッピング

関数 memmapfile を使用して、ファイル records.dat のメモリ マップを作成するとします。

マッピングされたファイルの読み取り

この例では、異なるメモリ マップを 2 つ作成してから、適切な構文を使用して各マップから読み取る方法を説明します。

マッピングされたファイルへの書き込み

この例では、異なるメモリ マップを 3 つ作成してから、適切な構文を使用して各マップに書き込む方法を説明します。

メモリ マップの削除

メモリから memmapfile オブジェクトをクリアするには、次のいずれかの手順に従います。

アプリケーション間でのメモリの共有

この例では、共有ファイルに対する書き込みと読み取りによって情報を交換する 2 つの独立した MATLAB プロセスを実装する方法を説明します。

概念

メモリ マッピングの概要

メモリ マッピングは、ディスク上のファイルの一部または全体を、アプリケーションのアドレス空間内の一定のアドレス範囲にマッピングする方法です。

この情報は役に立ちましたか?