ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メモリ マッピング

MATLAB® 配列インデックスを使ったファイルへのアクセス

メモリ マッピングは、ディスク上のファイル、またはその一部を、アプリケーションのアドレス空間内の一定のアドレス範囲にマッピングする方法です。大規模なファイルにランダムにアクセスする場合や小規模なファイルに頻繁にアクセスする場合は、メモリ マッピングを使用します。さらに、メモリ マッピングでは、標準の MATLAB のインデックス操作を使用してファイル データにアクセスできます。詳細は、メモリ マッピングの概要を参照してください。

MATLAB 関数

memmapfile ファイルに対するメモリ マップの作成
この情報は役に立ちましたか?