ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数ハンドルの保存と読み込み

MATLAB® 関数 saveload を使用して、関数ハンドルを保存して読み込むことができます。前の MATLAB セッションで保存した関数ハンドルを読み込む場合、次の条件は、予期しない動作の原因となることがあります。

  • 関数を定義するファイルのいずれかが移動され、ハンドルに記載されているパス上に存在しない場合。

  • 関数ハンドルを保存したときの環境と異なる環境に読み込む場合。たとえば、関数に対するソースが存在しない、またはハンドルが保存されていたものと異なるフォルダーに置かれている場合。

いずれの場合も、関数ハンドルは、存在する関数コードに関連付けることができないので無効になります。ハンドルは無効ですが、読み込みは問題なく実行され、警告は表示されません。ただし、ハンドルを実行しようとすると、エラーになります。

無効または削除された関数ハンドル

MATLAB パス上にない関数に対するハンドルを作成した場合、または既にパスから削除された関数へのハンドルを load する場合、MATLAB ではハンドルを呼び出したときに初めてエラーが検出されます。無効なハンドルを代入し、func2str などの操作で使用することも可能です。操作の実行時に無効なハンドルを使用しようとすると、MATLAB はエラーを検出しレポートします。

この情報は役に立ちましたか?