ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード カバレッジ判定のためのプロファイラーの使用

プロファイラーをファイルに対して実行する場合、if を含むブロックのように、実行されないコードがあります。

プロファイリング時にファイルのどの部分が MATLAB® で実行されたかを判断するには、カバレッジ レポートを実行します。

  1. MATLAB コード ファイルをプロファイリングします。詳細は、パフォーマンス改善のためのプロファイリングまたは関数 profile を参照してください。

  2. プロファイラーが現在プロファイリングを実行していないことを確認します。

    • プロファイラーが実行中の場合は、プロファイラーに [プロファイル停止] ボタンが表示されます。プロファイラーが実行中の場合は、[プロファイル停止] ボタンをクリックします。

    • コマンド プロンプトで、profile status を使用してプロファイラーのステータスを確認します。ProfilerStatus'on' の場合は、「profile off」と入力してプロファイラーを停止します。

  3. [現在のフォルダー] ブラウザーを使用して、プロファイリングされたコード ファイルが格納されているフォルダーに移動します。

      メモ:   パスが UNC (Universal Naming Convention) パス名である場合、すなわちパスが \\ で始まる場合は、レポートを実行できません。代わりに、システム上の実際のハード ドライブまたはマッピングされているネットワーク ドライブを使用します。

  4. [現在のフォルダー] ブラウザーで をクリックし、[レポート][カバレッジレポート] を選択します。

    [プロファイラーのカバレッジ レポート] が表示され、プロファイリングされたファイルのカバレッジの概要が表示されます。次の図では、プロファイリングされたファイルは lengthofline2.m です。

  5. [カバレッジ] リンクをクリックし、ファイルのプロファイル詳細レポートを表示します。

    メモ:   MATLAB は、ライブ スクリプトに対するプロファイラー カバレッジ レポートの作成をサポートしていません。フォルダー内のすべてのファイルに対するレポートを作成する場合、選択されたフォルダー内のライブ スクリプトはすべて、レポートから除外されます。

参考

詳細

この情報は役に立ちましたか?