ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

変数の作成

この例では、値を変数に代入するいくつかの方法を示します。

x = 5.71;
A = [1 2 3; 4 5 6; 7 8 9];
I = besseli(x,A);

値の代入前に変数を宣言する必要はありません。

代入ステートメントの最後にセミコロン (;) を付けない場合、MATLAB® では結果がコマンド ウィンドウに表示されます。たとえば以下のようになります。

x = 5.71

は、以下を表示します。

x =
    5.7100

コマンドの出力を変数に明示的に代入しない場合、MATLAB では通常、結果が予約語 ans に代入されます。以下に例を示します。

5.71

は、以下を返します。

ans =
    5.7100

ans の値は、変数に代入されていない出力値を返すコマンドごとに変化します。

この情報は役に立ちましたか?