ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数の呼び出し

この例では、MATLAB® 関数を呼び出す方法を示します。例を実行するには、まず数値配列 AB を次のように作成しなければなりません。

A = [1 3 5];
B = [10 6 4];

関数への入力はかっこで囲みます。

max(A)

複数の入力はコンマで区切ります。

max(A,B)

関数の出力は変数に代入して保存します。

maxA = max(A)

複数の出力は角かっこで囲みます。

[maxA, location] = max(A)

入力の必要がなく出力を一切返さない関数は、関数名だけを入力して呼び出します。

clc

テキスト文字列の入力は単一引用符で囲みます。

disp('hello world')

関連する例

この情報は役に立ちましたか?