ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム アプリケーションをビルドするための準備

カスタム アプリケーションの作成には、ソース コードを変更およびビルドするためのツールと知識が必要です。特に、MATLAB® でサポートされるコンパイラが必要です。

MATLAB データとのカスタム データの交換には、MATLAB 形式のバイナリ ファイルである "MAT ファイル" を使用します。MAT ファイル インターフェイス ライブラリにはデータ用の API が備わっているため、MAT ファイル形式の仕様を把握する必要はありません。MATLAB データにマッピングするデータについてはその詳細を把握していなければなりません。製品ドキュメンテーションからこの情報を入手し、行列ライブラリにある mxArray 型を使用してプログラムでデータを宣言します。

カスタム プログラムでは以下の MATLAB C/C++ および Fortran の API 関数を使用します。

  • MAT ファイル インターフェイス ライブラリ

  • 行列ライブラリ

アプリケーションをビルドするには、-client engine オプションを指定して mex ビルド スクリプトを使用します。

参考

|

詳細

外部の Web サイト

この情報は役に立ちましたか?