ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ValuesReceived

デバイスから読み取られる値の総数

説明

ValuesReceived は、デバイスから読み取られる値の総数を示します。値は読み取り操作が正常終了した後に更新され、関数 fopen が実行された後で 0 に設定されます。終端子がデバイスから読み取られた場合は、この値は ValuesReceived によって反映されます。

データを非同期的に読み取る場合は、BytesAvailable プロパティを使用して入力バッファーで現在利用可能なバイト数を返します。

読み取り操作の実行時に、受信されたデータは、バイトではなく値で表されます。値は、複数のバイトで構成されます。たとえば、1 つの値 uint32 は、4 つのバイトで構成されます。バイトと値の詳細は、バイトと値を参照してください。

特性

読み取り専用

常時

データ型

double

既定値は 0 です。

シリアル ポート COM1 に関連付けられているシリアル ポート オブジェクトを作成すると仮定します。

s = serial('COM1');
fopen(s)

RS232? コマンドを書き込み、関数 fscanf を使用して応答を読み取る場合には、機器は LF 終端子を送信するように構成されるので ValuesReceived17 です。

fprintf(s,'RS232?')
out = fscanf(s)
out =
9600;0;0;NONE;LF
s.ValuesReceived
ans =
    17

参考

関数

fopen

プロパティ

BytesAvailable

この情報は役に立ちましたか?