ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

RecordMode

データとイベント情報が 1 つのレコード ファイルに保存されるか、複数のレコード ファイルに保存されるかを指定します

説明

RecordModeoverwriteappend または index に設定できます。RecordModeoverwrite の場合、レコード ファイルは記録が開始されるたびに上書きされます。RecordModeappend の場合は、データは記録が開始されるたびにレコード ファイルに追加されます。RecordModeindex の場合は、記録が開始されるたびにインデックス付きのファイル名をもつ異なるレコード ファイルが作成されます。

RecordMode は、オブジェクトが記録中でないときにのみ構成できます。関数 record を使用して記録を終了します。記録中でないオブジェクトは、RecordStatus プロパティの値が off です。

RecordName プロパティを使用してレコード ファイル名を指定します。インデックス付きのファイル名は、所定の規則に従います。これらの規則の詳細は、ファイル名の指定を参照してください。

特性

読み取り専用

記録中

データ型

文字列

{overwrite}

レコード ファイルは上書きされます。

append

データは既存のレコード ファイルに追加されます。

index

それぞれインデックス付きのファイル名をもつ別のレコード ファイルが作成されます。

シリアル ポート COM1 に関連付けられているシリアル ポート オブジェクト s を作成すると仮定します。

s = serial('COM1');
fopen(s)

RecordName プロパティを使用してレコード ファイル名を指定し、RecordModeindex に構成して記録を開始します。

s.RecordName = 'MyRecord.txt';
s.RecordMode = 'index';
record(s)

レコード ファイル名は、記録がオフになった後でインデックス付きファイル名を使用して自動的に更新されます。

record(s,'off')
s.RecordName
ans =
MyRecord01.txt

周辺機器から s を切断し、メモリから s を削除します。また、MATLAB® ワークスペースからも s を削除します。

fclose(s)
delete(s)
clear s

参考

関数

record

プロパティ

RecordDetail, RecordName, RecordStatus

この情報は役に立ちましたか?