ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

RecordDetail

レコード ファイルに保存される情報量を指定します。

説明

RecordDetail は、compact または verbose に設定できます。RecordDetailcompact の場合は、デバイスに書き込まれる値の数、デバイスから読み取られる値の数、値のデータ型、イベント情報がレコード ファイルに保存されます。RecordDetailverbose の場合は、デバイスに書き込まれるデータ、デバイスから読み取られるデータもレコード ファイルに保存されます。

レコード ファイルに保存されるイベント情報を表イベント情報に示します。verbose レコード ファイルの構造は、例: 情報をディスクに記録に示します。

特性

読み取り専用

なし

データ型

文字列

{compact}

デバイスに書き込まれる値の数、デバイスから読み取られる値の数、値のデータ型、イベント情報がレコード ファイルに保存されます。

verbose

デバイスに書き込まれるデータ、デバイスから読み取られるデータもレコード ファイルに保存されます。

参考

関数

record

プロパティ

RecordMode, RecordName, RecordStatus

この情報は役に立ちましたか?