ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

COM 入門

COM オブジェクトのインスタンスの作成

以下の 2 つの MATLAB® 関数を使って、COM オブジェクトを作成できます。

  • actxcontrol — MATLAB Figure にコントロールのインスタンスを作成します。

  • actxserver — オートメーションをサポートするアプリケーションで公開されるオブジェクトを MATLAB から作成し、操作します。

各関数は、オブジェクトのメイン インターフェイスに "ハンドル" を返します。これを使ってオブジェクトのメソッド、プロパティ、イベントおよびその他のインターフェイスにアクセスします。

特定の COM コントロールに関する情報の取得

一般に、オブジェクトを使って実行できる処理は、関数 methods、関数 get および関数 events を使って判断できます。

メソッドに関する情報

handle オブジェクトによってサポートされるメソッドを一覧表示するには、次を入力します。

methods(handle)

プロパティに関する情報

handle オブジェクトのプロパティを一覧表示するには、次を入力します。

get(handle)

PropertyName プロパティの値を確認するには、次を入力します。

get(handle,'PropertyName')

関数 set を使用してプロパティの値を変更します。

イベントに関する情報

handle オブジェクトによってサポートされるイベントを一覧表示するには、次を入力します。

events(handle)

オブジェクトの ProgID の取得

既にコンピューターに登録されている COM コントロールのプログラム識別子 (ProgID) を取得するには、actxcontrollist コマンドを使用します。actxcontrolselect コマンドと共に表示されている [ActiveX Control Selector] を使用することもできます。このインターフェイスは、コンピューターにインストールされているコントロールのインスタンスを表示します。

カスタム コントロールの登録

MATLAB プログラムでカスタム コントロール (例、ご使用のアプリケーションに特別に作成したもの) を使用する場合、それを使用する前に、Microsoft® Windows® オペレーティング システムにそれを登録しなければなりません。これは、次のオペレーティング システム コマンドを発行することにより、MATLAB プログラムから行うことができます。

!regsvr32 /s filename.ocx

ここで、filename とはコントロールが入っているファイルの名前です。プログラムでこのコマンドを使うと、他のユーザーが MATLAB プログラムを実行したときに、そのコンピューターに登録することで利用できるようになるカスタム コントロールを提供できます。また、Microsoft ActiveX® コントロールの複数のバージョンを供給して、すべてのユーザーが同じバージョンをもつようにします。

参考

| | | | | | |

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?