ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MAT ファイルの作成 (C/C++)

MAT ファイルの作成 (C)

matcreat.c の例では、ライブラリ ルーチンを使用した、MATLAB® ワークスペースで読み込み可能な MAT ファイルの作成方法を示します。このプログラムでは、読み取りまたは書き込みが失敗した場合に、MAT 関数の呼び出しの戻り値を確認する方法も示します。コードを表示するには、MATLAB エディターでファイルを開きますファイルを開きます

プログラムをビルドした後に、アプリケーションを実行します。このプログラムでは、MATLAB に読み込むことができる MAT ファイル、mattest.mat を作成します。アプリケーションを実行するには、プラットフォームに応じて、そのアイコンをダブルクリックするか、システム プロンプトで「matcreat」と入力します。

matcreat
Creating file mattest.mat...

MAT ファイルを確認するには、コマンド プロンプトで以下を入力します。

whos -file mattest.mat
  Name               Size         Bytes  Class

  GlobalDouble       3x3             72  double array (global)
  LocalDouble        3x3             72  double array
  LocalString        1x43            86  char array

Grand total is 61 elements using 230 bytes

MAT ファイルの作成 (C++)

matcreat.c の C++ バージョンは matcreat.cpp です。MATLAB エディターでファイルを開きますファイルを開きます

この情報は役に立ちましたか?