ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既存の MATLAB セッションへの接続

この例では、エンジン プログラムを既に実行中の MATLAB® セッションに接続する方法を説明します。

Windows® プラットフォームでは、コマンド ラインで /Automation を指定して MATLAB を起動します。関数 engOpen を呼び出すと、この既存のセッションに接続します。関数 engOpen の呼び出しはすべてこの 1 つの MATLAB セッションに接続するため、関数 engOpen は 1 回だけ呼び出します。

また、/Automation オプションによって、コマンド ウィンドウが最小化されます。ウィンドウは手動で開かなければなりません。

Mac および Linux® プラットフォームの場合、既存の MATLAB セッションにエンジン プログラムを接続することはできません。

MATLAB セッションをシャットダウンします。

Windows メニュー バーの [スタート] ボタンから、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

MATLAB で、次のコマンドから返された値をキャプチャします。

path = fullfile(matlabroot,'bin',computer('arch'))

[ファイル名を指定して実行] ダイアログの [名前] フィールドに、次のコマンドを入力して path を前の手順から取得した値に置き換えます。

path\matlab.exe /Automation

[OK] をクリックします。MATLAB が起動します。

MATLABで engwindemo.c の例を書き込み可能なフォルダーにコピーします。

copyfile(fullfile(matlabroot,'extern','examples','eng_mat','engwindemo.c'),'.', 'f')

例をビルドします。

mex -client engine engwindemo.c 

MATLAB プロンプトで以下を入力して、engwindemo プログラムを実行します。

!engwindemo

新たな MATLAB セッションは起動されず、既に開いている MATLAB セッションが使用されます。

詳細

この情報は役に立ちましたか?