ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

起動オプションの指定

オペレーティング システム プロンプトからの起動オプション

MATLAB® プログラムで起動時に特定の操作を実行するよう指示する、起動オプション (コマンド フラグまたはコマンド ライン スイッチとも呼ばれます) を指定できます。すべてのプラットフォームで、オペレーティング システム プロンプトから起動するときにオプションを matlab コマンドへの引数として指定します。たとえば、以下の場合はスプラッシュ スクリーンを表示せずに、MATLAB を起動できます。

matlab -nosplash

Windows® プラットフォームでは、起動オプションの前にハイフン (-) またはスラッシュ (/) を付けます。たとえば、-nosplash/nosplash は同等です。

Windows システムのショートカットでの起動オプションの指定

選択した起動オプション (コマンド フラグまたはコマンド ライン スイッチともいいます) を、MATLAB の Windows プラットフォームのショートカットのターゲット パスに追加することができます。

Windows プラットフォームで MATLAB ショートカットアイコンの起動オプションを使用するには、以下の手順に従います。

  1. MATLAB のショートカット アイコンを右クリックし、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。MATLAB のプロパティ ダイアログ ボックスの [ショートカット] ペインが開きます。

  2. [ターゲット] フィールドに表示される "matlab.exe" のターゲットパスの後に起動オプションを追加して、[OK] をクリックします。

この例では、起動後に MATLAB results スクリプトまたは関数を実行します。ここで、results.m は起動フォルダー内または MATLAB 検索パス上にあります。[ターゲット] フィールド内のテキストは、次のようになります。

"C:\Program Files\MATLAB\R2010b\bin\matlab.exe" -r "results"

ステートメントは二重引用符で囲みますが、オプション (-r) は囲みません。

セミコロンまたはコンマを使用して、複数のステートメントを区切ります。次の例は形式を short に変更してから MATLAB コード ファイル results を実行します。

"... matlab.exe" -r "format('short');results"

複数のオプションを空白で区切ります。次の例はスプラッシュ スクリーンを表示せずに MATLAB を起動し、MATLAB コード ファイル results を実行します。

"... matlab.exe" -nosplash -r "results"

MATLAB 起動ファイルでの起動オプションの指定

startup.m ファイルは、起動オプションを指定するために作成するファイルです。startup.m ファイルを MATLAB 検索パス上のフォルダー内に作成します。startup.m を使用すると、既定の検索パスを変更したり、ワークスペース内に事前に変数を定義しておいたり、グラフィックス オブジェクトの既定の設定を定義したりすることができます。たとえば、次のステートメントはユーザー定義フォルダー /home/myname/mytools を検索パスに追加します。

addpath /home/myname/mytools

起動時に現在のフォルダーを mytools に変更するには、「一般設定」で説明されている [初期作業フォルダー] の値を次のように変更します。

/home/myname/mytools

起動時に MATLAB は自動的に matlabrc.m ファイルを実行します。また、MATLAB 検索パスに startup.m が存在している場合はそれを実行します。matlabroot/toolbox/local フォルダーに格納されている matlabrc.m ファイルの使用は、MathWorks® およびマルチユーザー システムのシステム管理者に制限されています。startup.m ファイルの場所を確認するには、以下を入力します。

which startup

MATLAB で startup.m ファイルが見つかると、ファイルのパスが表示されます。

Perl 変数を起動時に渡す

関数 matlab-r オプションを使用して、Perl 変数 を起動時に MATLAB に渡すことができます。一例として 1入力引数を取る MATLAB 関数 test を使用します。

function test(x)

入力パラメーターとして定数ではなく Perl 変数を渡すには、以下の手順に従います。このコマンドにより MATLAB を起動し、test の入力引数に 10 を与えて実行します。

  1. 以下のような Perl スクリプトを作成します。

     #!/usr/local/bin/perl
     $val = 10; 
     system('matlab -r "test(' . ${val} . ')"');

  2. Perl インタープリターを使用してプロンプトで Perl スクリプトを実行します。

詳細は、matlab (Windows)matlab (Mac) または matlab (Linux)-r オプションを参照してください。

MATLAB からの Java の起動と呼び出し

MATLAB は起動時に javaclasspath.txtjavalibrarypath.txt ファイルを使って Java® クラス パスを作成します。詳細は「Java クラス パス」「ネイティブ メソッド ライブラリの特定」を参照してください。

Java オブジェクトのメモリ割り当てについての詳細は、「Java ヒープ メモリ設定」を参照してください。

参考

| |

詳細

この情報は役に立ちましたか?