ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB コード例

スタンドアロンの例

スタンドアロンの例は、特定タスクの実現方法を示す MATLAB® スクリプトの読み取り可能なバージョンです。MATLAB およびすべての MATLAB ツールボックスには、インストール済みドキュメンテーションの一部として例が含まれています (R2012b より前のリリースでは、これらの例は "デモ" と呼ばれていました)。

例にアクセスするには、特定製品のメインのドキュメンテーション ページの右にある [例] をクリックします。製品名の右にある アイコンをクリックして例にアクセスすることもできます。

たとえば、MATLAB には数学の機能を示すさまざまな例が含まれています。

各例は、コメント、コード、出力を、書式化されたドキュメントにまとめています。例の名前の右にある アイコンをクリックするか、ヘルプ ブラウザーの例のページで最上部にある [この例を開く] をクリックすると、対応するスクリプトをエディターで開くことができます。

エディターでは、スクリプトを実行する方法が 2 つあります。

  • 一度に 1 セクションを実行し、その結果を逐次表示する。最初のセクションを選択し、[実行して次に進む] をクリックしてスクリプトをステップ実行する。

  • [実行] をクリックしてスクリプト全体を実行する。

MATLAB コミュニティのメンバーが作成したその他の例が File Exchange にあります。

インライン例

製品ドキュメンテーションには、cos または plot のような関数ページの例など、インライン コードの抜粋も含まれています。下図に示すように、コードを選択し、右クリックして、[選択を実行] を選ぶと、ヘルプ ブラウザーからインライン コードを実行できます (Macintosh システムでは、Shift + F7 を押してコードをコマンド ウィンドウにコピーして実行します)。

参考

|

関連する例

外部の Web サイト

この情報は役に立ちましたか?