ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

異常終了後のデータの復元

MATLAB® が異常終了した場合は、情報が失われる場合があります。MATLAB を再起動した後、情報を復元するために以下を試してみてください。

  • コマンド履歴またはそれに基づくファイル history.m を使用し、前回のセッションのステートメントを実行します。異常終了する前の状態のデータを再作成することができます。

  • MATLAB が異常終了したセッションで関数 diary または -logfile 起動オプション を使用した場合、出力を復元できる可能性があります。

  • セッション中にワークスペースを MAT ファイルに保存した場合は、MAT ファイルからワークスペースを読み込むことで復元できます。

  • MATLAB が異常終了したときにエディターでファイルを編集しており、「自動保存」が有効であった場合は、ファイルを保存していなくても変更箇所を復元できます。復元するにはエディターでファイルを開きます。

  • Simulink® を使用しているときにセグメンテーション違反が発生し、Simulink の [自動保存オプション] 設定が選択されていた場合、最後に自動保存されたファイルはセグメンテーション違反発生前の自動保存データの状態を反映していることに注意してください。Simulink モデルはセグメンテーション違反によって破損された可能性があるため、セグメンテーション違反発生後のモデルは自動保存されません。ファイルを復元するにはモデルを開きます。

上記のいくつかは MATLAB が異常終了したセッション中に行う必要がある操作について説明しています。これらの操作を行っていなかった場合は、今後発生する可能性のある異常終了からデータを復元するために設定することを推奨します。

この情報は役に立ちましたか?